次回の放送は2018年728日(土)1630分からだよ!みてね♪

番組動画

最新!2014年1129日(土)放送分

メディカルリポート

みんなで支え合う発達障がい

放送日:2014年11月29日

発達障がいとは、生まれつき偏りがあり支援が必要な人で、幼少期には集団行動が苦手であることも多いです。青年期では、仕事の悩みや失敗でうつ症状を引き起こすことがあります。熊本県発達障がい医療センターでは、発達障がいの相談を受け、様々な支援を行っています。

この動画を見る
メディカルリポート

肝臓移植に携わる看護師の“力”

放送日:2014年11月29日

全国で第4 位の肝臓移植手術がおこなわれている熊本大学附属病院。その治療において看護師の役割はとても重要です。 手術のサポートはもちろん、患者や家族に移植の説明をおこなうコーディネーターやICU での24 時間管理など、その重要性はますます増加しています。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No1(開院40年の歩み)/嘉島クリニック

放送日:2014年11月29日

現在、県内有数の透析専門病院となった嶋田病院。1974年に八代に嶋田内科医院として診療が始まりました。血液ポンプや処方透析装置の開発を手がけ全国から注目を集めました。透析液組成の研究成果においては透析の専門誌から執筆依頼を受けました。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No2(現在の透析治療)/嘉島クリニック

放送日:2014年11月29日

患者ひとりひとりの状態に合わせて透析液の成分を組み替える処方透析を行っています。平均5.5時間に及ぶ長時間透析、透析液の改良で、より質の高い透析治療を行い、食事制限の緩和にもつなげています。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No3(糖尿病や痛風治療の取り組み)/嘉島クリニック

放送日:2014年11月29日

透析治療になる前の病気としてCKD(慢性腎臓病)は現在、成人の8人に1人がかかることから新しい国民病と言われています。そのため、CKDから腎不全になる前の予防医療として糖尿病や痛風治療に力を入れています。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No1脳卒中センター(脳神経外科)/済生会熊本病院

放送日:2014年11月01日

済生会熊本病院の脳卒中センターでは、脳神経外科と神経内科が連携し脳に関する全ての病気を診ています。脳神経外科では、脳の血管にできる”こぶ”脳動脈瘤の破裂で起きるくも膜下出血を防ぐため開頭クリッピング術を積極的に行っています。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No2脳卒中センター(高度な手術機器)/済生会熊本病院

放送日:2014年11月01日

手術室には高度な手術機器が整備されています。血流の流れを顕微鏡下で確認できる新しい手術用顕微鏡が導入され、より安全で高度な手術が可能になりました。開頭手術は完全無剃毛の手術で、入院期間も約10日で社会復帰も早いのが特徴です。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No3脳卒中センター(神経内科)/済生会熊本病院

放送日:2014年11月01日

脳の血管内に血栓が詰まって起きる脳梗塞に対する治療は、神経内科が行う薬物療法、そして2つの診療科の専門医が一緒に行う血管内治療があります。治療法は脳梗塞発症の経過時間で変わります。

この動画を見る
医療機関情報

【2014】No.4(くまちゅう画像ネット)/熊本中央病院

放送日:2014年11月01日

くまちゅう画像ネットと呼ばれる医療情報の共有化により、CTやMRTなどの検査画像を検査設備のない病院へ発信することができます。 これにより、検査結果がどこの病院でも見ることができ、治療に活かされます。また、オンラインによる検査予約もでき、大変便利です。

この動画を見る
市民公開講座

嶋田病院・嘉島クリニック / 医療法人 如水会 創立40周年記念 特別記念講演 勝谷誠彦 「世界大乱 日本はどうなる」

放送日:2014年11月01日

嶋田病院開院40年を記念した市民公開講座の会場では健康フェスティバルの同時開催や腎臓病食”しまじん弁当”が無料で配られました。講演では病院や透析治療の歴史についての講演の他、世界大乱をテーマに勝谷誠彦さんの特別記念講演もありました。

この動画を見る
市民公開講座

熊本リハビリテーション病院 / 生活習慣病で足が腐る!? 怖~いお話

放送日:2014年11月01日

生活習慣病から足が腐る怖~いお話と題して開かれた熊本リハビリテーション病院の市民公開講座。足の動脈硬化によって、足が壊疽(えそ)し、切断する前の予防や治療についての講演がありました。

この動画を見る
市民公開講座

熊本赤十字病院 / 特別講演 鳥越俊太郎 「地域医療とへき地医療」~がん患者になって思うこと~

放送日:2014年11月01日

地域医療とへき地医療をテーマにした鳥越俊太郎さんによる特別講演では、がん患者のひとりとして病歴や気持ちの変化、患者目線で考える医療のあり方などについて紹介されました。また、城彩苑ではMade in Japanの救援技術をテーマにした企画展がありました。

この動画を見る