次回の放送は2018年728日(土)1630分からだよ!みてね♪

荒尾中央病院

医療法人 洗心会 荒尾中央病院は、昭和57年の開院以来、常に安心して暮らせる地域社会づくりに貢献したいという思いを抱きながら、地域の医療機関、福祉施設や行政機関等と連携して、住民の皆様方の医療・介護を支え、ご家族を支える力になっていきたいと考えて運営してまいりました。  当院は、法人内の関連施設・事業所を含め、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問介護等の在宅サービスの提供を通じて、安心して地域で生活できるよう支援を行っています。

病床数は298床、療養型病院では数少ない人工透析にも力を入れており、現在32台の透析ベッドがあります。
また、県北地域最大規模を誇るリハビリテーションセンターを有しており、運動器・脳血管疾患・心大血管疾患・呼吸器のあらゆる疾患別リハビリテーション施設基準を備えて、機能回復・在宅復帰のお手伝いを行っています。

企業健診や協会けんぽの健診(人間ドック)も実施しており、地域の企業様からもご信頼を頂いております。

法人内には精神科病院や介護老人保健施設も有しており、隣接の「荒尾こころの郷病院」は熊本県地域拠点型認知症疾患医療センターとして指定を受けており、認知症や精神症状を伴った場合にも安心して治療が受けられます。
病状が安定したものの在宅生活が困難な程度の介護が必要となった場合には、一般棟と認知症専門棟を有する併設介護老人保健施設「慈眼苑(じげんえん)」での療養など、患者さまの状態にもっとも適したサービスの提供を行うように努力しています。

慢性期療養型の病院ですが教育・研修には力を入れており、看護部門ではプリセプター制度も導入しているため、新卒者でも安心して働くことができます。

これからも、私たち全職員一丸となって、さらに「地域から信頼される病院の理想の姿」を追求していきます。

荒尾中央病院をはじめとする医療法人 洗心会は、年間休日数120日と民間医療機関の平均を上回る公務員並みの休日数でワークライフバランスに優れています。
さらに有給休暇は労働基準法に定める日数が付与されている上に、時間単位有給休暇(2時間単位での取得)や半日分割有給休暇などライフスタイルに合わせた取得ができるように工夫された制度を用意しています。
一日の所定労働時間は7.5時間、週あたりの労働時間は37.5時間になります。

敷地内に託児所を完備しており、働くお母さんにとって頼もしい存在です。
就学前の夜勤免除制度など育児・介護休業法に定める様々な支援策を用意していますので、子どもができてからも安心して勤務ができる職場です。

また、広大な敷地にゆったりした建物を配置していますので、両廊下の幅は3メートルを確保し、明るく開放的な雰囲気です。
駐車場も十分すぎる台数分確保されており、自家用車通勤も安心です。

情報掲載をご希望の医療機関様へ

Dr.テレビたんのテレビ番組、ホームページへの情報掲載、資料請求をご希望される医療機関様は、情報掲載お申し込みのページをご覧ください。