次回の放送は2021年925日(土)1530分からだよ!みてね♪

熊本放射線外科

当院が行っている治療について

定位放射線治療

定位放射線治療とは、小さな病巣に対して、様々な方向から放射線を入射する治療法です。
通常の放射線は入射方向が少なく、病巣の近くにある正常な組織にも放射線が当たり、副作用を起こす可能性があります。
定位放射線では様々な方向から放射線を入射するため、狙った病変に対してmm単位の精度で治療を行えることで,通常の放射線治療ではできない,短期間で高いエネルギーを用いた放射線治療が可能となります。

肺癌であれば4日間,肝癌であれば4−10日間,転移性脳腫瘍であれば1−10日間程度,前立腺癌は5日間と通常の放射線治療に比べて短期間で終了し、 1回の治療時間も15−20分程度と短く、外来での通院で可能です。

ただ、治療にあたっては、充分に検査を行ってからの放射線治療となりますので、照射開始まで、2~3日かかります。

サイバーナイフS7

ノバリスTx

詳細はコチラ

IMRT(強度変調放射線治療)

IMRTも定位放射線治療同様にピンポイントで病巣に対して放射線を入射させることができます。
さらに放射線を照射する範囲や強さをコンピュータで自在に制御することができ、なおかつ複雑な腫瘍形状に合わせて治療できるので正常組織へのダメージを抑えて,より強い放射線を腫瘍に照射することが可能となり、それによって治療効果の向上も期待できます。

詳細はコチラ

患者様へ

□受診方法
当クリニックは基本的に完全予約制となっております。かかりつけの医師からの紹介状を持って、ご来院ください。

□かかりつけの医師がいない場合
当院へご相談いただくか、またはお近くの病院・医院へご相談のうえ、ご予約願います。

□お持ちいただく物
・保険証(各種公費受給者証など)
・かかりつけの先生からの資料(紹介状・診断画像など)
・お薬手帳

治療の流れ

詳細はコチラ

当院では、新しい放射線治療を行うために
3つの「定位放射線治療装置」を導入しています。

サイバーナイフS7

ロボットアームを用いることで一般的な放射線装置よりも遙かに多い179箇所のポイントから32方向にビームを照射することができます。
その数千のビームから100本前後のビームを選択し治療を行います。それにより複雑な形状の病変・腫瘍に合わせた照射が可能です。

治療中も常に体の動きや腫瘍の様子を感知し、自動的に位置を補正するため、正常組織への影響を最小限に抑えることができます。

※早期の前立腺癌に対して5日間の短期治療が可能です。

ノバリスTx

腫瘍に放射線を多方向から集中して照射し、すべての放射線の重なる部分の病変だけを破壊します。
病変だけを狙い打つため、周辺にある正常組織への影響を最小限に抑えることができます。

幅2.5㎜のマルチリーフコリメータを駆使し、病変の形状に合わせて、ピンポイントで放射線照射します。
照射野が22×40cmと広く、大きい腫瘍や全身の治療も可能です。

ノバリス

腫瘍に放射線を多方向から集中して照射し、すべての放射線の重なる部分の病変だけを破壊します。
病変だけを狙い打つため、周辺にある正常組織への影響を最小限に抑えることができます。

幅3㎜のマルチリーフコリメータを駆使し、病変の形状に合わせて、ピンポイントで放射線照射します。
照射野が10×10cmで、体幹部の治療も可能です。

MRI装置

精度の高い定位放射線治療を行うために、最新鋭の撮像装置を備えています。

2台の最新型1.5T MRI装置は、患者さまに優しい静音機能「Pianisssimo」搭載しています。
1台は治療後の経過観察検査用として、もう1台は治療時の詳細な検査目的用として使用しています。

キヤノンメディカル製1.5TEXCELARTVantage XGV

キヤノンメディカル製1.5T Vantage Elan

CT

X線を利用して人体の輪切りを画像にします。

キヤノンメディカル製 Aquilion Lightning Helios

情報掲載をご希望の医療機関様へ

Dr.テレビたんのテレビ番組、ホームページへの情報掲載、資料請求をご希望される医療機関様は、情報掲載お申し込みのページをご覧ください。