次回の放送は2019年1130日(土)1400分からだよ!みてね♪

熊本泌尿器科病院

当院は、1957年の開院以来泌尿器科の専門病院として診察を行なって参りました。泌尿器に関する事ならどのようなことでもご来院ください。

  1. 前立腺肥大症では出血の少ないレーザー手術を行なっています。経尿道的前立腺レーザー核出術(HoLEP)を南九州で最初に開始し、2012年1月より経尿道的レーザー前立腺蒸散術(PVP)も開始し、その後、よりレーザーエネルギーが大きいCVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)を行なっています。CVPは開始してから2019年5月現在、60例以上の実績を上げております。
  2. 尿路結石の治療は、体外衝撃波結石破砕装置(熊本県下第1号設置)の2台をはじめ、軟性尿管鏡ファイバーを用いたレーザー結石破砕術(f-TUL)や従来からの経皮的腎砕石術(PNL)など、色々な治療方法で症例にあった選択が可能となっております。
  3. 女性泌尿器科外来にも力を入れています。女性の疾患では腹圧性尿失禁に対して安全性の高い手術でもあるTOTを行なっており、難治性の切迫性尿失禁に対しては、2018年1月からSNM(仙骨神経刺激療法)も開始しています。骨盤臓器脱に対しては、メッシュを使用する方法(TVM、LSC)とメッシュを使用しない方法を組み合わせて、患者さんに最適な治療法を目指しています。
  4. CT(マルチスライス16列)、超音波、各種泌尿器科の特殊検査を行なっており、治療の指針に役立てております。<予約制の検査もありますので、事前にお電話でご確認下さい>
  5. 血液検査、PSA(前立腺腫瘍マーカー)は当日中に検査結果が分かり、結果を受けての治療・精密検査を決定しております。<項目によっては当日結果が出ない検査もございます>
  6. 一般病棟と地域包括ケア病床(一般病棟内に設置)、療養病棟を設置し、急性期・回復期・慢性期と機能に応じた対応ができる体制を取っております。一般病棟は2017年5月に新築され、全て個室(一部を除き無料)としており、快適な療養環境作りに取り組んでおります。今後とも、個々の患者さんにとって最適な治療と療養環境作りに励んでいきたいと思います。
病院建物外観(東館)
2階外来待合室(東館)
一般病棟(東館)
体外衝撃波結石破砕装置

人工透析科について

  1. 多くのスタッフが専門的資格(透析技術認定士)等を持っており、安心・安全な対応を行なっています。
  2. 医師・看護師だけでなく、薬剤師・臨床工学技士・臨床検査技師・管理栄養士・理学療法士など多職種が連携して患者さんのサポートを行なっています。
  3. 内科医師による糖尿病の管理、皮膚科医師によるフットケアも行なっています。
  4. 透析に不可欠な透析液の清浄化を行っており、これにより安心・安全な透析液を提供しています。また、OnlineHDFも清浄化された透析液を使用し施行しています。
  5. インフルエンザ等の感染拡大を防止するため、専用の部屋を設けています。
  6. 当院では1978年6月より透析療法を開始し、患者数の増加と共に徐々に増床し、2015年に透析センターを設立しました。西館透析フロアを含めて98床(うち個室5室)が稼動しています。

当院の取り組みについて

  1. 深夜血液透析 患者さんのQOLの向上・社会復帰・自立支援を主な目的として、2013年5月から深夜血液透析を開始しています。深夜血液透析とは夜から明け方まで夜間の睡眠時間を利用して行なう透析のことです。睡眠時間を透析治療に利用するもので、仕事と透析の両立を目指す患者さんのニーズにお応えするために開始致しました。フロア12床と5つの個室をご用意しており、心地よい睡眠をとって頂くための透析環境にも配慮しています。
  2. 透析看護 透析を受けられている方々とご家族が安心して、安全でより快適に血液透析を受けていただけるよう様々な事に取り組み、充実した透析生活を多職種チームでサポートしています。看護師は、気軽に相談できる窓口です。早期に変化をキャッチし、医師をはじめとする専門職への報告、介入調整等を行ない、苦痛緩和を図ります。介護士は安全な移動・食事のサポートや環境調整などを行ないます。患者様の生活、そして心に寄り添い、より一層ご自分のからだを大切にしながら人生を楽しもうと思っていただけるように、個々のスキルアップとチーム力向上に努めます。
  3. 透析運動療法 透析中の血圧低下や透析中の安静による運動機能低下の予防を目的として、希望者に対し透析中の運動療法を実施しています。行なっている透析運動療法は、DVDを見ながらの運動療法とエルゴメーターです。DVDの内容としては、「①準備運動→②下肢の運動→③頚部・上肢の運動」になります。
  4. 栄養と食事 活動的で快適な透析生活を長く継続していただくためには、日頃の食事が大切です。常勤する管理栄養士が生活スタイルにあった食事のご提案・指導を行なっています。通常のお食事のほか、季節の食材を使った行事食や、お誕生日には特別御膳、フレンチシェフが考案したメニューで本格的なフランス料理をご提供いたします。月に2回の定期採血を基に、日常摂取されている食事内容が適切であるか、またリンやカリウムの多い食材に偏っていないか等をタイムリーにご説明いたします。
  5. 依頼透析 出張や旅行などでの臨時透析をお受けしております。お申し込みや患者さんの見学も随時お受けしていますので、ご遠慮なく総合受付までお問い合わせ下さい。
  6. その他 当院送迎車にて無料送迎サービスを行なっています。車椅子対応車両もご用意しています。 また、お車で来院される場合でも、十分な駐車スペースを無料で用意しております。透析センター側から専用玄関を利用して、直接透析室へ入室できます。
透析用監視装置
透析センター内観
透析センター外観

ケアプランしんまち

ご自宅を訪問し、身体状況や生活状況などを確認 しながら、様々な介護保険サービス等を提案し、 ご本人やご家族のご意向に沿ったケアプランを作成していきます。

〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目7-22 TEL:096-325-8270 FAX:096-325-8278

デイサービスしんまち

いつまでもお元気に過ごして頂けるよう、ケアプランに基づくトレーニングを行ないます。心も身体もリフレッシュできるよう、スタッフ一同お手伝いさせて頂きます。

〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目7-22 TEL:096-324-2022 FAX:096-223-6303

情報掲載をご希望の医療機関様へ

Dr.テレビたんのテレビ番組、ホームページへの情報掲載、資料請求をご希望される医療機関様は、情報掲載お申し込みのページをご覧ください。