次回の放送は2018年1027日(土)1630分からだよ!みてね♪

感染症情報

2018年09月24日〜2018年09月30日の感染症情報

特記事項
【流行性角結膜炎(はやり目)に気を付けましょう】

報告が多い感染症

  • 感染性胃腸炎
  • RSウイルス感染症
  • ヘルパンギーナ

大きな流行が発生又は継続しつつある地域

手足口病 八代
ヘルパンギーナ 天草

年齢別に多い感染症上位3つ

0歳

  1. RSウイルス感染症 (47 人)
  2. 感染性胃腸炎 (19 人)
  3. ヘルパンギーナ (12 人)

1〜4歳

  1. 感染性胃腸炎 (103 人)
  2. RSウイルス感染症 (78 人)
  3. ヘルパンギーナ (71 人)

5〜9歳

  1. 感染性胃腸炎 (71 人)
  2. A群溶血性レンサ球菌 咽頭炎 (23 人)
  3. ヘルパンギーナ (6 人)

10〜14歳

  1. 感染性胃腸炎 (36 人)
  2. A群溶血性レンサ球菌 咽頭炎 (6 人)
  3. 流行性角結膜炎(はやり目) (3 人)

15〜19歳

  1. 感染性胃腸炎 (4 人)
  2. 手足口病 (1 人)
  3. 流行性角結膜炎(はやり目) (1 人)

20歳以上

  1. 感染性胃腸炎 (16 人)
  2. インフルエンザ (15 人)
  3. 流行性角結膜炎(はやり目) (13 人)

県内の患者数

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

病名増減(前週) 今週0歳1-4歳5-9歳10-14歳15-19歳20歳以上
インフルエンザ (14) 280940015
RSウイルス感染症 (171) 12547780000
咽頭結膜熱 (12) 10343000
A群溶血性レンサ球菌 咽頭炎 (57) 5322023602
感染性胃腸炎 (260) 249191037136416
水痘 (3) 6114000
手足口病 (51) 425324010
伝染性紅斑(りんご病) (0) 0000000
突発性発しん (26) 2010100000
ヘルパンギーナ (86) 9112716200
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) (4) 5023000
急性出血性結膜炎 (1) 1000000
流行性角結膜炎(はやり目) (32) 273253113
細菌性髄膜炎 (0) 1000001
無菌性髄膜炎 (1) 0000000
マイコプラズマ肺炎 (0) 2001100
クラミジア肺炎 (0) 0000000
感染性胃腸炎(ロタウイルス) (0) 0000000

補足

【流行性角結膜炎(はやり目)に気を付けましょう】

今週は、流行性角結膜炎(はやり目)の報告数が27件でした。保健所別では、熊本、有明、菊池から報告があり、年齢別では、0~2歳、20歳代~30歳代から多く報告されています。
 流行性角結膜炎は、一般的に8月を中心として夏に多く報告され、年齢では1~5歳を中心とする小児、成人も含み幅広い年齢層から報告があります。しかし、近年は季節性があまりなく、一年を通じて報告があっています。
 流行性角結膜炎の原因となる病原体は、アデノウイルスであり、非常に強い感染力があります。次の点に注意して予防に努めましょう。
【感染経路】
  ウイルスのついた手で目を触ることで感染(接触感染)することが多いです。
【症状】
  8~14日の潜伏期間後、白目の部分が赤くなる、涙が多く出る、目やにが出る、まぶたが腫れるなどの症状が出ます。両目に
 症状が出る場合が多いのですが、片方だけのこともあります。
【治療】
  有効な抗ウイルス薬は無く、点眼剤を用いた対症療法が中心となります。
【予防】
 ・石鹸等を用いて20秒以上時間をかけた丁寧な手洗いを行いましょう。
 ・感染した人の使用したタオル、洗面器、点眼剤などを共用しないようにしましょう。
 ・栄養や睡眠を十分にとり、体の免疫力を高めておくことも大切です。
 ・消毒薬はアルコール製剤より、次亜塩素酸ナトリウムが含まれている消毒薬が効果的です。