次回の放送は2019年727日(土)1630分からだよ!みてね♪

Dr.テレビたんスタッフブログ

(1)悪魔が噛みついた痛み「痛風」嶋田病院

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

27日(土)午後2時から放送の、番組Drテレビたんのロケで、
嶋田病院 に来ています。
嶋田病院
ある日突然、足先に激痛が走り、歩けないほどの症状が現れる 「痛風」
日中だいぶ暑くなったことで仕事終わりに飲む機会も多くなるこの時期。
気を付けないといけない病気の1つなんです。
痛風
「痛風」の発作は激しい痛みを伴うことから、
ヨーロッパでは、「悪魔が噛みついた」 と言われるほどです。
捻挫や骨折したと勘違いして 「整形外科」 を受診する人も
少なくないと言います。
日本の痛風患者のおよそ9割が男性。
中高年に多いと思われがちですが、
近年では発症する年齢が、ぐーーんと下がってきています。
「痛風」は生活習慣が原因とされていますが、
生活習慣
なぜ発症するのでしょうか。
一般的に 痛風に対してどんなイメージを持っているのか
街頭インタビューも行いました。
街頭インタビュー
熊本県唯一の痛風協力医療機関である、
熊本市中央区の嶋田病院 で痛風とその合併症についてお聞きしました。
理事長の嶋田先生です。
嶋田理事長
「完璧と思った瞬間が終わりではなく、始まりである」を理念に、
日々、患者さんの治療に当たられています。
次回のブログで、嶋田理事長インタビューの様子をご紹介します。
放送は27(土)ごご2時からです。
痛風協力医療機関
ぜひご覧ください!!