次回の放送は2018年825日(土)1430分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) ワイズリーディングの読影とは?

Dr.テレビたん担当の松本 龍です。

ワイズリーディング 社長、放射線科専門医の 中山先生です。
ワイズリーディング
「遠隔画像診断サービス」を始めたのは、
特に日本は大型の検査機械が非常に普及しており、
どんどん新しい装置ができてきている一方で、その画像を見て診断を
する放射線診断医が非常に少なく、
放射線診断医がいない病院でもインターネットの回線を使って
画像
画像を出せば、放射線診断医の意見を得ることができ、
病院間の医療の質の格差を解消できるという思いで、
ワイズリーディング」を立ち上げられました。
ワイズリーディング では、40人の放射線専門医と提携し、
1日におよそ250件の画像診断を行っています。
脳や肺、肝臓、心臓、ひざの病気など その内容は多岐にわたっています。
ワイズリーディング
放射線診断医も専門があり、得意、不得意な領域があるそうです。
専門医の得意、不得意を判断して、画像解析(読影)を振り分ける
仕組みを導入し、診断の質を保っているそうです。
読影
ワイズリーディング では、放射線科専門医による 「一次読影」、
その後診断レポートを専門スタッフが 「校正」 し、
さらに、診断医歴15年以上の経験豊富な医師による 「二次読影」 と
厳しいチェックを行っています。
読影
明日のブログでは、遠隔画像診断サービスを利用する病院の様子を
少しだけご紹介します!
放送は、25(土)ごご1時半からです! お楽しみに!!