次回の放送は2017年1223日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(4) 痛風患者さんインタビュー

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

29日(土)午後4時から放送の、番組Drテレビたんのロケで、
嶋田病院 に来ています。
インタビュー
こちらは、今から27年前に歩けない程の足先の激痛に襲われ
痛風の治療を続けられている患者さんです。
患者さん
当時の状況などお聞きしました。
痛風
右の足の甲が腫れて、親指のところから赤く腫れて、
とにかく痛い。 足がつけないほどのビリビリする痛みでした・・・。
再現
番組では、再現していただきながら、
再現
痛風の発作について説明します!
痛風の発作は消炎鎮痛薬を使用します。
コルヒチン
また、痛風発作のときだけ使用する 「コルヒチン」 と呼ばれる薬も
使用します。 これらをうまく使うことで、かなり患者さんの痛みを
和らげることが可能です。
嶋田病院 では、痛みが治まった患者さんに対しても 動脈硬化などの 
「合併症」が起きていないかの検査を続けています。
合併症
合併症がなければ、尿酸値を下げる薬を
一人ひとりの患者さんの状態に合わせて処方します。
尿酸値
夏を過ぎると痛風発作は減ってきます。
忘年会シーズンに入るとまた増えてくるといわれています。
管理
健康診断などで、尿酸値が 7mg/dl を超えている人は、
忘年会シーズンの前に早めの受診を進められています。
痛風は、高血圧や動脈硬化を合併して、
心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因にもなります。
また、腎臓の機能も悪くしてCKD(慢性腎臓病)に陥らせてしまう
怖い病気なのです。
痛風
痛風にならないための予防はもちろん。
痛風になった人は、治った後も、定期的な経過観察のためにも
受診し、合併症にリスクを抑えることも重要なんですね。
番組でも詳しくお伝えします!!
ぜひご覧ください
放送は29(土)ごご4時からです。
ぜひご覧ください!!