次回の放送は2018年1027日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) 便秘予防のための食生活!

ドクターテレビたん担当の 松本 龍です。

先日、「おしりやおなかの痛み・排便の悩みを解決する」 と題し、
高野病院 市民公開講座が開かれましたので取材しました。
市民公開講座
高野病院 管理栄養士の 豊田さんです。
管理栄養士
便秘予防のための食生活 というテーマでお話されました。
便秘予防のための食生活
便秘の主な症状として
 腹満、腹痛、食欲不振、頭痛、肩こり 
症状
など挙げられ、食事量が減少すると食物繊維の摂取不足につながり、
排便リズムの乱れにも関連する。
(1) 消化機能の低下
(2) 精神的ストレス
(3) 生活リズムの変化   などによって便秘は起こりがちだそうです。
ブリストル
ブリストル便性状スケールをもとに、 便についての講座もありました。
排泄物はある程度溜まらないと、直腸に送られず便意も置きません。
胃の中に食物が入り 「胃結腸反射」 が強く起こるので、
3食を規則正しく、特に 「朝食」 をしっかりとることを勧められました。
胃結腸反射
「胃結腸反射」 とは、
空っぽの胃の中に食物が入ることによって、
胃結腸反射が強く起こり、脳でも便意を感じることです。
便秘にならないために
(1) まずは栄養バランスのとれた食事
(2) 摂取量附属に気を付ける
(3) 水分を十分摂る (1日 1000~1500ml程度)
(4) 食物繊維をしっかり摂る (穀類・豆類・イモ類・果物類など)
(5) 脂肪を適量摂る (潤滑油的な働きがある)
(6) 腸を刺激する食品を利用する (柑橘系、冷たい牛乳など)
ビタミン
とお話されました。
豊田さん