次回の放送は2018年1028日(日)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(3) 腎臓が悪くなったらどうなるの?

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

5月17日(日) ホテル熊本テルサ テルサホールにて開催した、
熊本赤十字病院 × Dr.テレビたん 市民公開講座
     ~じんぞうからのメッセージ~
 CKDと腎臓移植のこと考えてみませんか? の様子を写真で振り返ります!
川端先生
熊本赤十字病院 総合内科 医師の 川端 先生です。
腎臓が悪くなったらどうなるの?
~CKD(慢性腎臓病)から腎不全になったときの選択肢~
についてお話されました。
CKD (慢性腎臓病)は、
(1)蛋白尿や血尿などの検尿異常
(2)腎臓の働きが60%未満 
のどちらかが3ヶ月以上続く状態をいいます。
CKDの原因はさまざまですが、食事療法や血圧コントロールなどが
CKDの進行を防ぐと言われています。
最終的に腎臓の働きが低下し、腎不全になった時の治療は、
川端先生
※血液透析 ※腹膜透析 ※腎臓移植の3つがあります。
透析と腎臓移植の大きな違いは、寿命が腎臓移植の方が
2つの透析に比べて優れています。どう違うかというと、透析を続けると
心筋梗塞、心不全、脳梗塞の合併症が多くなります。
熊本の透析は質が良いですが、全体でみると移植の方が良いです。
とお話されました。
川端先生
次回のブログでも 引き続き講演の様子をご紹介します!