次回の放送は2018年929日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

【7(木)締切】 CKDと腎臓移植の市民講座!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

5月17日(日) ホテル熊本テルサ テルサホールにて、
テルサホール
~じんぞうからのメッセージ~
CKD(慢性腎臓病)と
腎臓移植のこと
考えてみませんか?
CKDと腎臓移植
を開催します!!
事前の申し込み(ハガキ・FAX)は 7(木)までです。
 ※サイトからの申し込みは 10(日)いっぱいです!
講演の内容です!
講演
<基調講演> 
私が見てきた熊本の救急医療と移植医療
熊本赤十字病院 副院長
集中治療部長 兼 救命救急センター長
井 清司
・・・救命救急医でありながら移植医療にも尽力して来られた話があります。
<講演> 
腎臓が悪くなったらどうなるの?
~CKD(慢性腎臓病)から
   腎不全になったときの選択肢~
熊本赤十字病院 総合内科 医師
川端 知晶
・・・「血液透析」「腹膜透析」「腎臓移植」の3つの治療法のお話です。
講演
<講演> 
腎臓移植の現状
~熊本赤十字病院の役割~
熊本赤十字病院 外科 医師
山永 成美
・・・熊本県は人口10万人あたりの透析人口で最も多い第1位です。
 腎臓移植は全国で年間1,000人程しか受けられていません。
 熊本赤十字病院としての役割についてお話されます。
<講演>
社会における移植医療の役割
熊本県臓器移植コーディネーター
西村 真理子
・・・最近では教育の分野で「移植医療」が題材になっています。
  社会・法律・教育の面から見た移植医療をお話されます。
ドナーとレシピエント
医師、患者(ドナー・レシピエント)、看護師らが参加し、
CKDや腎臓威力についてそれぞれの思いをフリートークします。
<ドナー体験者>
生体腎移植ドナーとして夫に腎臓を提供後も、
自己記録に挑戦中のマラソンランナー 岩田 久美さん。
熊本城マラソン2015ではフルマラソン総合7位です。
<レシピエント体験者>
27歳の時、慢性腎不全になり
42歳で献腎移植を受けた、熊本県腎移植者の会
前会長の 早川 美彦さん。
ドナー・レシピエントをそれぞれ体験された方のお話も聞くことが
できます。
CKD(慢性腎臓病)は成人の8人に1人と言われています。
CKDから腎不全になると人工透析か腎臓移植しかありません。
人口10万人あたりの透析人口を見ると、熊本は全国1位です。 
腎臓移植を受けている人は、全国で年間 約1000人ほどです。
今回は、なかなか聞くことができない 腎臓移植の話があります。
~じんぞうからのメッセージ~をお伝えしますよ!
相談コーナー
臓器移植 意思表示カード のことなど、移植に関する相談コーナーなど
意思表示カード
ありますよ。 
豪華な賞品が当たる CKD・腎臓移植クイズも行う予定です!
他にも、ここでしかもらえないノベルティグッズなどもありますよ。
一緒に CKDと腎臓移植のこと考えてみませんか?
お申し込みは、ハガキか、ドクターテレビたんのホームページから!!
ハガキかホームページ
お申し込みが必要です!! 
締め切りは 5月7日(木)です。 
  (サイトからのお申込みは 10(日)いっぱいです)
 
 お待ちしております!!