次回の放送は2018年127日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) ベロをちょんちょんちょん!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

歯っぴーかむカムひごまる協議会 主催の
ベロタッチ健康法の勉強会に参加してきましたのでご紹介します。
ベロタッチ
熊本市秋津レイクタウンクリニック 医師の松本先生です。
松本先生
「予防」 と 「口腔ケア」 についてお話されました。
朝起きてすぐ歯を磨くことを勧められました。 それはなぜかというと・・・。
朝起きてすぐ歯を磨く
朝、起きてすぐの口の中は、
    「うんち 10gの細菌の固まりがいっぱい」 ・・・。 なんだそうです。
また、ベロタッチによって、舌の運動が栄養摂取と関連し、
誤嚥性肺炎の予防で口腔ケアが一般化されている現在、ベロタッチを
行うことで、認知症症状の進行抑制に期待しているとお話されました。
大塚製薬株式会社の葛西さんです。
葛西さん
食べ物とからだの関係についてお話されました。
防衛体力を高めるビタミンを多く含む食品の紹介もありました。
食品
続いて、熊本保健科学大学 の宮本先生。
宮本先生
熊本県言語聴覚士会の理事でもある 宮本先生からは、
嚥下食に向かない形態 を学びました。
 ※液体 (水・お茶・ジュースなど)
 ※まとまりにくい物 (ピーナッツなど)
 ※パサパサした物 (パン、クラッカーなど)
 ※貼りつきやすい物 (焼き海苔、最中の皮など)
 ※貼る物 (お餅、だんごなど)
 ※口の中でばらける物 (ところてん、寒天など)
 ※硬い物 (たこ、ごぼうなど)
 ※酸味の強い物 (酢の物など)
また、嚥下おでこ体操の紹介もありました。
嚥下おでこ
喉頭拳上に関わる筋の筋力強化で、嚥下防止につながるそうです。
嚥下おでこ体操
ベロタッチを実施することで、
舌先と両側の刺激、ほっぺたのマッサージが、発話のみならず
咀しゃくや嚥下機能の改善につながるとお話されました。
ベロタッチ
歯っぴーかむカムひごまる協議会 副会長、
熊本市 歯科医師の 吉良先生です。
吉良先生
ベロタッチによって、
 ※舌が動く
 ※声・言葉が出た
 ※偏食癖がなくなる
 ※むせがなくなる
 ※風邪をひかなくなる
 ※乱暴・自傷行為がなくなる   などの効果報告がありました。
唾液が少ないと、むし歯になりやすいため、
ベロタッチで 舌を刺激することで唾液も分泌され、
口腔乾燥につながるそうです。 
「ベロタッチ」 復習です!
ベロタッチは、 歯みがきの時に行います。
(1)歯ブラシのブラシの部分で、舌の先を刺激します。 
  3~4回 ちょんちょんちょん とタッチします。
舌先
(2) 歯ブラシの背で口角を広げながら、舌の横を刺激します。
舌の横
 こちらも 左右 それぞれ 3~4回 ちょんちょんちょんです。
 強さは、ソフトタッチ。 軽~く ちょんちょんちょん。
(3) 歯みがきが終わったら、唇の中で舌を ぐるっと回します。
にっこり
(4) その後、舌の先を口角につけて、ニッコリスマイルで終わりです。
ぜひお試しください!!