次回の放送は2018年630日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) 脳卒中センターで行われている治療とは

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

11月1日ごご4時半から放送の番組Dr.テレビたんのロケで、
済生会熊本病院 に来ています。
済生会熊本病院
脳卒中センターでは主に、
「手術」 「薬物療法」 「血管内治療」 を行っています。
まず、脳神経外科では、
くも幕下出血を発症した破裂脳動脈瘤に対する
開頭手術
開頭クリッピング術では、動脈瘤の根っこをクリップではさみ、
クリッピング
           (※写真提供/日本ストライカー株式会社)
破裂の原因となる血液が入らないようにする手術のことです。
また、脳卒中センターの大きな特徴として、
くも幕下出血を発症する前の 「未破裂脳動脈瘤」の手術も
積極的に行っています。
未破裂脳動脈瘤は、脳ドックや、
予防医療センター
頭痛、めまいの検査の際に、無症状の状態で発見されます。
MRI
この「脳動脈瘤」は破裂してくも幕下出血を起こすと
3人に1人が死に至るといわれています。
西副院長
未破裂脳動脈瘤の手術は、もともと症状が無い患者さんに
非常に大きな手術を行うので、特に安全性が要求されます。
手術室
明日のブログでは、
手術室の様子についてお伝えします!