次回の放送は2018年1124日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(6) 小児外科手術の様子

Dr.テレビたん担当の松本 龍です。

番組リポーターの吉田恵理さんと、福田病院 小児外科部長の町頭先生です。
町頭先生
番組Dr.テレビたんのロケで、福田病院に来ています。
赤ちゃんの命を守る上で、外科的な手術が必要になるケースがあります。
小児外科
それを行っているのが、小児外科です。
ここで、専門性の高い手術を行っています。
手術室
そけいヘルニア や 停留精巣 の手術が多いそうです。
そけいヘルニアは 生まれつきの病気で、おむつを替えたり 
お風呂に入った時、股の部分が腫れていることで気がつきます。
(男児だけでなく、女児にもあります)
また、停留精巣は、精巣(睾丸)が
陰嚢と呼ばれる おちんちんの下のふくろの中 に入っていない
(精巣が正常な位置に降りてきていない) 状態をいいます。
また、先天的な奇形の手術で、
生まれつき腸が途中で止まっていたり、 
肛門が元々ない状態の赤ちゃんを、
小児外科
お尻まで腸をつなげたり、肛門をつくる手術を行われるそうです。
鎖肛
直腸や肛門の先天性異常は最も多いそうです。
手術
福田病院には手術室が3部屋あることで、
手術室
妊婦の緊急時の帝王切開や

腹腔鏡手術

小児外科的手術も迅速な対応が可能となっています。

帝王切開にもすぐ対応


ぜひ 動画 をご覧ください!


次回のブログでは、不妊治療の様子をご紹介します。

エンブリオロジスト

KKT!医療ナビDr.テレビたん