次回の放送は2017年1029日(日)1500分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(3) 急性骨髄性白血病 患者さんインタビュー

Dr.テレビたん担当の松本 龍です。

31(土)午後1時半から放送の番組 Dr.テレビたんのロケで、
熊本市南区田迎町にある 熊本第一病院 にきています。
強い抗がん剤治療などの化学療法に伴う、呼吸器感染の危険性を回避する
ために、無菌状態の 「クリーンルーム」 があります。
私たちも許可を頂き、中に入らせて頂きました。
クリーンルーム
この部屋で治療を受けている患者さんです。
急性骨髄性白血病
急性骨髄性白血病」 
熊本第一病院 に救急病院から転院してきた時は余命3ヶ月と診断されて
いました。
インタビュー
症状や治療の様子などをお話し頂きました。
ロケの前日は 頭痛や吐き気もあったそうです。  
ロケ
「体の調子もよく、ご飯も完食しました! 」と Vサインで 山田先生に
報告されていました。
山田先生
熊本第一病院 に転院してから 2年が経過するそうです。
鎮静剤を使わずに緩和的化学療法で病気の勢いをコントロールできています。
診察
緩和的化学療法は、
抗がん剤を少な目にした治療で、治癒は望めないものの、
腫瘍の進行を抑えることで痛みなどの症状を抑えたり、
体調を維持できる時間を伸ばすことを目的とした治療のことです。
緩和的化学療法
緩和的化学療法を病院で1ヶ月、自宅での療養を2週間という生活を
繰り返していらっしゃいます。 
病院と自宅
病院と自宅の療養生活を続ける支えは、 「猫と和太鼓」 なんだそうです。
病室にも猫のキャラクターがたくさんいました!
和太鼓は・・・。
和太鼓
なんと!! 
和太鼓の先生なんです!!
体の調子が良いときは後輩の指導もされています。
番組では、
熊本第一病院 の駐車場で和太鼓演奏された時の様子もご紹介しますよ!
「太鼓が生きがい! 今、命にトライしています!!」 
命にトライ
ぜひ、番組をご覧ください!! 
明日のブログでは、がん化学療法看護 認定看護師 緒方看護主任の
インタビューの様子をご紹介します。
がん化学療法看護認定看護師

KKT!医療ナビDr.テレビたん