次回の放送は2019年629日(土)1630分からだよ!みてね♪

Dr.テレビたんスタッフブログ

(4) 新設されたペインクリニック外科!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

1月25日(土) 放送の番組Dr.テレビたんのロケで
熊本市中央区帯山にある 熊本託麻台リハビリテーション病院 にきています。
ペインクリニック外科を新設されました。
どんな治療をされているのか、後藤先生にお話しを伺いました!
ペインクリニック外科
「ペイン」とは痛みを意味します。
身体の症状や状態から痛みの原因を診断し、
有害な痛みを緩和する為の治療を行います。
後藤先生
痛みに対する治療 「脊髄刺激療法(SCS)」 や、
その痛みに付随する つっぱりなどの症状への治療として 「ボトックス療法」や
「髄注バクロフェン療法 (ITB)」 の3つの治療をされています。 
まず、脊髄刺激療法 (SCS) は、
薬や注射などの一般的な治療で効果が得られない神経障害による
慢性的な痛みに対して、
SCS
手術で脊髄にリードと呼ばれる電流を流すための電極と、
電気回路と電池が内蔵された刺激装置を体内に植え込みます。
電極
この刺激装置から脊髄に微弱な電気信号を与えることで
痛みが和らぐそうです。
ボトックス療法は、小原(おばる)先生にお聞きしました。
ボトックス療法
筋肉が緊張して手足がつっぱって動かない部分に注射することで、
筋肉を緊張させている神経の働きを抑えることができるそうです。
番組では、
ボトックス療法を受けている患者さんへ
受ける前と受けた後の動きの違いなど、お話しをお聞きしました。
ボトックス療法
髄注バクロフェン療法 (ITB)は、ボトックス療法と同じように、
痙縮のある患者さんに対して有効です。
ポンプ
手術によって、ポンプを腹部に埋め込み、
カテーテルを脊髄 (くも膜下腔) に挿入してポンプとつなげます。
ポンプ
この埋め込まれたポンプから バクロフェンが注入され、
痙縮が和らぐことで、リハビリが困難だった患者さんに対して
有効的な治療法となります。 
埋め込む前には、事前にバクロフェンの効果が期待できるか
必ず判定テストを行ってから手術をされます。
また、治療後は経過を見ながら症状が改善し、ポンプが不要になると
取り除くこともあるそうです。
番組では、村上先生に詳しくお話しをお聞きしていますので、
村上先生
お見逃しなく!
来週のブログでも、熊本託麻台リハビリテーション病院 の特徴ある
脊髄刺激療法(SCS)、ボトックス療法、髄注バクロフェン療法(ITB)について
詳しくご紹介します!!
ロケの際、ポンプにバクロフェンを補充 (ギャバロン髄注) する症例があり、
患者さんの許可も頂きまして、撮影班と私も手術室に入らせて頂きました! 
バクロフェン
番組は 25(土) 午後1時半から放送です! お楽しみに!!

KKT!医療ナビDr.テレビたん