次回の放送は2017年1125日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(3) 阿南里恵さん 「キャンサーギフト」

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

23歳で子宮頸がんを発症し、手術で子宮を全摘し、
その体験をもとに がんの啓発をされている、
日本対がん協会 企画事業の阿南里恵さんが
KKTで従業員向けにお話しを頂きました。
阿南里恵さん
昨日に引き続き、阿南里恵さんの講演の模様をブログでご紹介します。
手術が終わり、早く「自分の居場所」である東京に戻りたく、
東京の病院で放射線治療を続けることを決めました。
1000円まけて
東京の病院に戻り、
先生に 「先生! 戻ってきました!」と明るく言いましたが、
先生からは 「なんでそのまま大阪で治療しないの!」と怒られ、
東京の先生が、大阪の先生に電話ですごく丁寧に謝っていました。
元の人生に戻りたい・・・。
社会復帰が難しいのは 「治療後」 の事でした。
※がんの再発の恐怖。
※一生抱える後遺症。
半年毎の検診が5年間繰り返します。
検診が近づくたびに悪夢で汗だくで目が覚める・・・。
20代の女性といえば、周りは
就職し、結婚→妊娠→出産 をしている。
私は何を積み重ねれば良いのか・・・。
そして、一生抱える後遺症。
「リンパ浮腫」 
子宮を全摘出した際、卵巣は残しました。
卵巣を放射線が当たらないところに移動させる手術も受けました。
しかし、リンパ節にも転移していたので、手術でリンパ節を
取り除きました。そのため、リンパの流れが停滞することで、
生涯にわたり、乳がんなら腕が、子宮がんなら足がむくみます。
これを リンパ浮腫 といい、一生つきあっていくことになりました。
手術後の治療のため 大好きだった会社を辞めました。
大阪に戻り、アルバイトで体力を回復しました。
そしてまた東京に戻ってきて「正社員」登用の試験を受けます。
面接官から「健康ですか?」と尋ねられ、
「はい」とウソをついてしまいました。
坊主がおる
病気のことは何も言えず 「採用」 されました。
月に1度、突発的に休みが必要になりました。
上司に相談して 「子宮頸がん」で手術を受けたことを話ました。
上司は「無理しなくて良い」と言いましたが、周りの人はそのことを
知りませんでした。
休出しない、残業もしない。
周りの人にも影響してきたので、全社員に話をしました。
でも パッと見、私が 「がん患者」 とは思われません。
みんなが忙しい時に限って体がきつくなる。
「阿南さんって 本当に病気なんですか?」 という声が上がってくる。
居づらくなり、会社を辞めました。
転職しようにも同じことが続きます。
本当に20代、仕事に苦労しました。
5年の経過観察が終わった日に、いつ死ぬかわからない自分。
生きた証を話をすることで、体験談や講演依頼が始まりました。
話をさせて頂くと、ずっとつながっていきます。
そんな中、日本対がん協会から、一緒に啓発活動をしないか話があり、
現在に至ります。
お話しされました。
阿南さんの体験談は、
従業員の心を打ち、多くが涙し、質問もさせて頂きました。
質問
最後に阿南さんは、「キャンサーギフト」 についてお話しされました。
意味は、がんという 命に関わる重い病気になってはじめて見えてくる
命の大切さや、時間の大切さ、周りの人々の温かさなど、
小さな幸せに気づくことが本当にたくさんありました。
がんがくれた贈り物 「キャンサーギフト」 
もっと子宮頸がんを正しく知ってもらうためにこれからもがんばっていきます。
とお話し頂きました。
社内勉強会の講演後は、 村上美香アナウンサーとの
対談
対談にもご協力頂きました。
対談
この模様は、テレビタミンの中で後日お届けします。
テレビタミン
阿南さんは、翌日 
講演
 「23歳で子宮頸がんになって」 と題し、講演をされました。
キャンサーギフト
参加していた多くの学生に、
「もう私みたいな経験をしなくていいです。私がどんなに話しても
 皆さんが検診に行かなければ何の価値もないと思います。」と
話されていました。
明日のブログでは、日本赤十字社熊本健康管理センターの赤十字健康講座
熊本大学大学院生命科学研究部 片渕教授による
片渕教授
「男性にこそ知ってほしい ~若い女性にしのぶよる子宮頸がん」
についてご紹介します。

KKT!医療ナビDr.テレビたん