次回の放送は2017年1125日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(1) 阿南里恵さん 子宮頸がん 社内勉強会

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

阿南里恵さん
そして、
23歳で子宮頸がんを発症し、手術で子宮を全摘した阿南里恵さんです。
20代でがんと闘った阿南里恵さんの体験をKKTでお話し頂きました。
社内勉強会
テレビタミン キャスターの村上 美香 アナ。
村上美香アナウンサー
子宮頸がんの取材をテレビタミンの中で数年前から行っており、
自身も定期的な検診で「がん」が見つかりました。
阿南さん
子宮頸がんを他人事と思わずに検診を受けてほしい。との思いから
今回の 「社内勉強会」 へもつながりました。
東大阪市生まれの阿南さん。 
日本対がん協会で企画事業を担当されています。
プロフィールを紹介後、阿南さんにお話し頂きました。
阿南さんは、
自動車整備の専門学校を卒業して、自動車メーカーに就職されました。
自動車メーカー
東京の研修部門に配属され、マニュアル作りなどを担当したが、
「私がやりたかったことと違う」と、入社1年半で退社し、
不動産販売のベンチャー企業に転職されました。
新しい職場では 情熱と活気に満ち溢れていて、
新宿のワンルームマンションの販売で1軒1軒飛び込み営業をして
入社半年で成約し、職場の全員からお祝いされ
熱い仲間に囲まれて楽しい日々が続いていました。
転職して1ヶ月ちょっとした頃、出血があったそうです。
仕事で忙しいから 「生理が長引いているのかな?」 と思っていたら
だんだん出血量が増えてきたので、
女医の先生がいる病院を探し、銀座にあるクリニックを受診しました。
生理が長引いている
内診中に、担当していた先生が
「すぐに院長を呼んできて!」 と 声をあげられたそうです。
その様子に、ただならぬものを感じ、阿南さんは先生に、
「先生。 私大丈夫です。受け止めるので何でも言って下さい。」
すると、先生は
「子宮頸がんが、かなり進行しています。今日、明日にでも
大きな病院に行ってください。」 と言われました。
大きな病院 ということに戸惑いもあったそうですが、
翌日、国立がん研究センター中央病院の婦人腫瘍科に行き
受診すると医師より、両親と一緒に来るよう言われ、電話をします。
「母さん ごめん。 がんになった・・・」
知らせを聞いた両親が大阪から駆けつけると、医師は
「詳しいことは検査をしてみないとわかりませんが、
おそらく子宮を全摘することになります」 
それを聞いて、
「私が悪いんです。そんなになっているなんて
気づいてあげられへんかった」 とお母さんは泣き崩れてしまい、
お父さんが医師と今後の治療について話し合い、
私はその光景を茫然と眺めていました。
茫然と眺めていた
東京で治療を受けたかったが、医師より
「治療にどれだけ時間がかかるかわからない。」と言われ、
会社に休職願いを出し、東京で住んでいたアパートは借りたまま
実家のある大阪で治療することになりました。
「絶対に戻ってこいよ」
上司や同僚の仲間たちから見送られ、そこで阿南さんは
「また絶対ここに戻ってくる。私の居場所はここなんだ。
病気を治して戻ってくる。」 と心の中で、決意を固めたそうです。
明日のブログでも
引き続き、社内勉強会の様子をご紹介します。

KKT!医療ナビDr.テレビたん