次回の放送は2017年1125日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) 熊本中央病院 脳神経外科の治療!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

11月30日(土) 放送の番組Dr.テレビたんのロケで
熊本市南区の 熊本中央病院 にやってきました。
熊本中央病院
熊本中央病院 に新設された「脳神経外科」では、
主に、脳や脊髄の血管障害のある入院患者さんを対象に、
外科的治療を行われています。
脳神経外科
脳神経外科部長の 大森先生です。
大森先生
日本人の死亡原因で、「がん」「心筋梗塞」「肺炎」についで、4位にある
「脳卒中」。 脳卒中は、頭の中の血管に起こる病気です。
脳卒中には、
※脳の血管が詰まる「脳梗塞」
※脳の血管が切れて脳の中に出血する「脳出血」と、
  脳動脈瘤が破裂し、脳の表面をおおう膜の「くも膜」の下に出血する
  「くも膜下出血」があります。
脳動脈瘤
脳動脈瘤は、脳の血管、動脈の一部が、
風船のような 「こぶ状」 になっている状態です。
ただし、動脈瘤があるからといって、必ず破裂するわけではないそうです。
必ずしも破裂しない
一般的に、3mm未満の脳動脈瘤は破裂する可能性は少なく、
1%未満と言われています。
脳動脈瘤
日本では5mm以上の脳動脈瘤が見つかった場合、治療を考えるそうです。
脳ドックなどで、脳動脈瘤が見つかっても、
MRA
何も症状がない状態の脳動脈瘤を
    「(無症侯性)未破裂脳動脈瘤」と言います。
脳動脈瘤が見つかっても現時点においては、どの脳動脈瘤が破裂するかを
診断する手段がないので、患者さんが治療を希望される場合は、
破裂する前に治療することが選択肢とでてきます。
話を聞く
未破裂の脳動脈瘤も、
破裂した後の脳動脈瘤も治療法は同じです。
(破裂した後も、そこから再出血しやすい状態にあるので治療法は同じ)
治療法
脳動脈瘤の治療法は3つあるそうです。
  (1) 経過観察 (未破裂の場合)
  (2) クリッピング開頭手術
  (3) コイル塞栓術(脳血管内手術) 
 熊本中央病院 では、コイル塞栓術を主に行われています。
明日のブログでは、コイル塞栓術の様子をご紹介します!
コイル塞栓術
番組は 30(土)ごご1時半から放送です!!

KKT!医療ナビDr.テレビたん