次回の放送は2017年1125日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(1) 熱中症の症状とは!?

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

今回は、熊本赤十字病院 救命救急センターに来ています。
救命救急センター
救急部の草野先生に、
草野先生
熱中症についてお聞きしましたよ。
熱中症はどんな病気?
Q : どんなときに熱中症になりますか?
A : 熱中症とは、高温多湿の状況で体の水分や塩分のバランスが崩れたり、
   体温調節機能が働かなくなって起こる症状をいいます。
どんな時に
   熱中症になる要因は 「環境」 と 「個人の状態」 の二つに分けられます。
熱中症について
 環境として挙げられるのは、気温(室温)が高い、湿度が高い、風が弱い、
 日差しが強いといった状況です。
 具体的に言うと、
※屋外での活動中や密閉された室内、
※車内でエアコンを使っていない場合、
※工事現場、運動場、体育館、お風呂場などがあります。
環境
 次に個人の状態では、年齢で言えば、
個人の状態
※小児や高齢者の他、スポーツ活動が多い若年層に見られます。
※脱水や体調がすぐれない時、肥満体型、暑さに慣れていない
といった場合にも起こりやすい傾向があります。
  
診察
Q : 熱中症の症状を教えてください。
A : 熱中症は 1度から 3度 までに症状をわけて考えます。
    (Ⅰ・Ⅱ・Ⅲは、環境依存文字のため、1・2・3と表記します)
熱中症の症状
 1度は、現場の応急処置で対応できる軽症で、
  「めまい」 「立ちくらみ」 「筋肉のこむら返り」 「汗を拭いても拭いても出てくる」
  症状です。
 2度は、病院搬送が必要な中等症です。
  「頭痛」 「吐き気」 「嘔吐」 「全身がだるい」 などが当たります。
 3度は、入院して集中的な治療が必要な重症で、
  「意識がない」 「けいれんを起こす」 「呼びかけても返事がない」
  「いつもと違う状態」 「まっすぐ歩けない」 「体温が高温(39度以上)」
 といった状態です。 注意する点は、体温が36度や37度でも熱中症の
 場合は十分にあります。 体温が低いからといって熱中症ではないと
 判断するのは危ないです。
救急搬送
明日のブログでは、具体的な対処法と予防法についてです!
お楽しみに
お楽しみに!!       (遠近法が活かされていない・・・。)   

KKT!医療ナビDr.テレビたん