次回の放送は2017年1125日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

介護のポイント椅子編(3) 水前寺とうや病院

Dr.テレビたん 担当の松本 龍です。

お楽しみに
ばってん城次(写真左)さんと、KKTアナウンサーの山本 紗英子(写真右)と
水前寺とうや病院 理学療法士の 染田さん(写真中央) です。
KKT テレビタミンで、介護のポイント 「椅子編」 についてお聞きしました!
お尻をずらす
今日のブログでは、
自分で立ち上がることが難しい方への介助の仕方について
ご紹介します!!
(1)背もたれから背中を離します。
背もたれから離す
(2)次に浅く腰掛けますので、お尻を前にずらします。
お尻をずらす
(3)足(足首)の位置が膝よりもやや後ろに来るように引きます。
引く
また踏ん張りやすいように両足の間隔をとるようにします。
この姿勢から介助者の方に手をかけてもらいます。
介助者
介助者は背中に手を回し、先ほどの立ち上がり動作に沿って、
(4)お辞儀をするように頭を前の方に動かします。
   (介助者は持ち上げるのではなく自分の方へ体を誘導する)
(5)お尻が浮いてきたら介助者は一緒に力を入れ立ち上がります。
立ち上がる
しっかりと足を伸ばしたあとに上体を起こし姿勢を作るのがポイントです。
おさらい
<おさらい>
(1)しっかりと準備姿勢を作る
(2)介助者は持ち上げるのではなく、力の入れ方や動作の方向への
 誘導を心がける
(3)持ち上げるのではなく支える意識で行う
<その他気を付けること>
※椅子の高さは低いと立つのにかなりの力が必要です。
※ソファーなどはくつろげますが、お尻が沈み込み、座面も柔らかく
 力が入れにくいので立ち上がりが難しくなります。
※一般的な椅子や、トイレ、車椅子などは40cm程なので、
 「40cm」がひとつの目安です。
ポイント
水前寺とうや病院 理学療法士の 染田さん! ありがとうございました!!

KKT!医療ナビDr.テレビたん