次回の放送は2019年1228日(土)1630分からだよ!みてね♪

Dr.テレビたんスタッフブログ

(10) 写真で振り返る 健康フォーラム Q&A3

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 11月17日(土) ホテル熊本テルサ テルサホールにて行われた

日赤熊本健康フォーラム 「健康ダイエット ~なぜダイエットにつまずくの?~」

を写真で振り返っています!!

  

 

今日のブログまで、健康フォーラムと健康相談Q&A (質疑応答を兼ねた座談会)の

様子をご紹介しますっ!

健康相談Q&A

 

 

Q5. ご飯抜きダイエットや、低脂質ダイエットはどうなんでしょうか?

 

A5. (都竹先生)

  糖質制限ダイエットという言葉を聞いたことがある人はいらっしゃいますか?

都竹先生  

  糖尿病患者さんに糖質(炭水化物や砂糖)を抜けば、

  あとは何を食べてもいい!という内容を提唱され、メディアのライターが

  書いています。油ものは何でも食べていいということで、

  この提唱には私もちょっと混乱している状態です。

 

  実は、これは日本だけでなくアメリカでも10年以上前から起こっていて

  学会でも論争になっています。

 

  今回、日本糖尿病学会でもそのことについてシンポジウムが行われました。

 

  正しいかどうかは別にして、今言われているのは、

  短期的、あるいは中期的なものに関しては体重が落ちるとか血糖値が下がる

  という効果があると言われています。

  ただ、ひとつ問題があるのが、「極端な食事法になる」 あるいは、

  油ものを好きなだけ食べていいという風になると、仮に血糖値が下がって

  体重は減っても、動脈硬化はどうなるのか。その結果、脳梗塞はどうなるのか。

  など、長期的な安全性はまだわかりません。

  私の経験から、極端なものは続かないので、そのあたりを考えた上で

  取り組んだ方が良いと思います。その場合でも特に、糖尿病の患者さんは、

  主治医のサポート(監視)のもとで取り組まないと、結果がどうなるのか

  わかりません。その点だけは注意してもらいたいと思います。

注意する点

  繰り返すと、短期・中期的には血糖値が下がるなどの結果が出ていると

  前回の日本糖尿病学会では言われていたとレポートで読みました。

 

 

(嶋田先生)

  先ほど、都竹先生もおっしゃいましたが、私も 「五大栄養素」 が必要だと

  申し上げました。ご飯を食べないとおかずだけに偏ります。

  いわゆるたんぱく質の摂りすぎになります。

  今、熊本市では 「CKD33(さんさん)運動」 というのを行っています。

  これはなぜかというと、熊本では腎臓の透析患者数が全国でナンバー1

  だったことがあり、それを防ぐために運動が盛んに行われています。

嶋田先生

  適正量ということで、みなさんにお配りしたパンフレットにも

  「手ばかり・目ばかり」を書きました。右のメインのおかずというのが、

  いわゆるたんぱく質の量なんです。

手ばかり目ばかり

  ここで間違えないようにして頂きたいのは、

  この手のひら2つに乗っているのは、一食分ではなくて 「一日分」 です。

  朝昼晩、一日分であることを忘れないようにして頂きたいと思います。

 

 

(都竹先生)

  一点だけ補足すると、糖質に関しては炭水化物・ごはんはどうするの?

  ポテトどうするの? といった話が注目されがちですが、強調したいのは

  むしろそれよりも 「砂糖」の方です。

砂糖

  ジュースや、ソフトドリンク、あるいは小さい缶コーヒーには、

  スティックシュガー5本分くらいの砂糖が入っています。

  そういったものを全く断ってしまうという方法をやって頂くのが良いのでは

  ないかと思います。

 

 

予定した時間

 

予定した時間を少しオーバーしましたが、非常にためになるQ&A(座談会)

でした。

 

日本赤十字社熊本健康管理センター 所長の 緒方 康博様より

緒方さん

閉会のご挨拶がありました。

 

 

カレンダーをみなさんにお渡しして、無事 日赤熊本健康フォーラム

「健康ダイエット ~なぜダイエットにつまずくの?~」は終了致しました。

カレンダー

 

 

小雨の降る中、また近隣の駐車場も満車状態の中

お越し頂いたみなさん! 本当にありがとうございましたっ!!

 

ありがとうございました 

KKT!医療ナビDr.テレビたん