次回の放送は2019年1228日(土)1630分からだよ!みてね♪

Dr.テレビたんスタッフブログ

(4) 鶴田病院 すごい手術室とハイパーサーミア!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

内視鏡検査をされているのは、鶴田病院 副院長の 鶴田 克家先生です。

内視鏡検査

内視鏡検査で、今まで検出が困難だった病変も比較的容易に発見できる

ようになったそうです。

 

例えば、大腸の内視鏡検査の時に見つかったポリープは

同時に切除して治療ができます。 (大腸ポリペクトミー)

 

また、スネアと呼ばれる金属の輪を病変部にひっかけて、

高周波電流を流し切り取る EMRと呼ばれる、「内視鏡的粘膜切除術」や

胃のESD 「内視鏡的粘膜下層はく離術」 も行われています。

内視鏡

消化器内視鏡で、がんの早期発見・早期治療を行われていました。

 

 

川畑先生と、緩和ケア認定看護師の 佐藤さんです!

川畑先生

 

 

川畑先生は、6月に行った、鶴田病院×Dr.テレビたん 市民公開講座で

「進行性尿路性器がんに対するハイパーサーミアの治療経験」 について、

ハイパーサーミアの原理

講演されました。

 

 

この度鶴田病院は、がん治療に力を入れる為、「化学療法室」 を新設されました。

化学療法

外来の化学療法室にはベッドが4つあり、消化器疾患、泌尿器疾患に

対応されます。

 

 

奥の部屋には、がんの温熱療法 「ハイパーサーミア」 がありました!

ハイパーサーミア

温熱療法ハイパーサーミアは、川畑先生が前任地で数多くの症例を経験され、

化学療法との併用で増感作用があることがわかり、導入されました。

 

 

そして、こちらは・・・!!!

手術室

 

 

鶴田病院の手術室です!!   「超」 かっこいい (*ノ´∀`)ノ

そして、 この手術室は すごいんです!!

 

 

「フレックスドックシステム」というシステムが採用されていて、

ケーブルや配線などが床や壁面にあふれる事がなく、

「無菌環境」として適した手術室になっています。

 

保温庫や保冷庫、

保温庫・保冷庫

 

医療ガスのユニットや、電源コンセントのユニット、

医療ガスユニット

 

大型ディスプレイや、収録(録画システム)設備などが、

録画システム

機能的に配置されています。

 

ハイビジョンのモニターにより、鏡視下ヘルニア手術や、泌尿器科手術では

携帯型HDDを使用し、術中の動画・静止画を取り込み活用されています。

手術

 

 

この術用ベッドもすごいっ。 フカフカでしたー。

術用ベッド

 

 

手術時計も、アナログとデジタルを組み合わせてありました。

手術時計

 

 

そして、「無影灯」と呼ばれる 術用ライトはLEDでした!

iLED

 

 

鶴田 豊先生(写真右) も 「すごいっ!」と絶賛される この無影灯は、

自動照度調整機能

自動照度調整機能があり、無影灯の位置を変更した際も、

自動的に照度が調整される優れものだそうです!

優れもの

 

 

明日のブログでは、緩和ケア病床の様子などお届けします!!

緩和ケア 

おっ楽しみに!

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん