次回の放送は2019年1130日(土)1400分からだよ!みてね♪

Dr.テレビたんスタッフブログ

(4) 写真で振り返る 医療フォーラム PICU!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 5月12日(土) 熊本赤十字病院 多目的ホールにて行われた、

 熊本赤十字病院 × Dr.テレビたん

 新センター開設記念フォーラム  救急医療と小児医療のいま

~総合救命救急センター・こども医療センター開設を記念して~を

吉田恵理さん

写真で振り返っています。

 

 

休憩をはさんで、第2部は  地域医療としてのPICU

~長野・静岡から熊本へ~ と題して

静岡県立こども病院 小児集中治療センター長の 植田 育也先生に

お話頂きました。

植田先生

 

小児専門の集中治療室は 「PICU」と言います。

PICUという言葉を初めて聞いた方はどれくらいいらっしゃいますか?

PICUという言葉

会場の中にも結構いらっしゃいましたが、植田先生は

「PICUとは何か。」「何をする場所なのか。」「地域医療の中での役割は。」

について、過去にPICUを立ち上げた経験を通じて、みなさんに

お話致します。  と冒頭お話されました。

1~15歳

「0歳児の死亡率は日本は世界ダントツ1位で低いです。」

「ですが、これに対して1~4歳の死亡率は先進諸国中、最悪。ワーストに

近いんです。」

ワースト

「小児医療・小児救急医療は何をやっているのだ?」とよく言われます。

ワースト

世界の小児医療大国

 

集中治療医学 (Intensive Care Medicine)

集中治療医学

※重症かつ緊急の患者

※主要臓器不全

※気道・呼吸・循環・意識状態

※全身管理

これらを一か所にまとめてみる場所を

ICU (Intencive Care Unit)といい、小児特有の病態を小児専門ICU

PICU (Pediatric ICU)といいます。

 

ICUの歴史

世界初のICUは、スカンジナビアで1950年にできました。

その6年後の1956年に、スウェーデンに世界初のPICUができたのです。

日本初のICUは、1970年頃に、そして日本初のPICUは、

1994年に国立小児病院にようやく誕生しました。

日本に4つ

2001年に 長野県立こども病院に

2007年に 私がいる 静岡県立こども病院に。 そして、

2012年に 東京都立小児総合医療センターに PICUが出来、

日本には4つの PICU があります。

PICUは日本に4つ

 

0歳児の死亡率が世界でダントツ1位で低いのはNICUの普及があります。

PICUを造りました

PICUは、小児救急の最後の砦だと話されます。

静岡県立こども病院では、15歳以下の小児専門すべての診療科・先生が

揃った総合病院で、内科・外科を問わず24時間受け付けられています。

 

大人のICUから次のバトンにつなぐところがなく、

救急対応のPICUが極端に少ない(日本に4施設)こと、

1~15歳までの子どもたちには多種多様な医療器具が必要なこと、

小児医療は多くのスタッフを必要とする反面、投薬量も少ないので

採算が取れない現状などお話されました。

 

ドクターヘリとの連携システム

静岡県立こども病院に、愛知県内の用水池でおぼれた3歳の男の子が

搬送されたそうです。 氷の池に落ち、お父さんが5m程もぐり、子どもの足を

つかみ必死になって探し出したものの、体温は28度と低体温症となり

心肺停止状態だったそうです。

しかし、20日後には何の後遺症もなく無事に退院し命を救ったそうです。

3歳の命無事に

これは、「ドクターヘリ」による早期の延命措置と専門医による

PICUでの集中治療によるものであるとお話されました。

救命措置

ドクターヘリは、県内であれば20分ちょっとで現場に着き、

直ちに救急医師による救命措置が開始されPICUに搬送される。

この早期の救命措置が非常に重要。 外傷の場合は特に

1時間以内の救命措置が命を握るカギである」と

ドクターヘリと連携した搬送システムが大きな特徴だとお話されました。

ドクターヘリ

 

なんと、熊本赤十字病院には、植田先生とともにPICUで働いていて、

今回のPICU立ち上げの核となる平井先生と武藤先生がいらっしゃる

そうです。

今ここに日本で5番目のPICU誕生

「今、ここに救急対応のできるPICUが、熊本赤十字病院に

日本で5番目の施設として誕生したことは大きな意味のあるものです!」

 

ひとりでも多くの子どもたちの命を救い、子どもたちの未来を

築いてほしいとお話されました。

子どもたちの未来

 

 

閉会の挨拶は、

熊本赤十字病院 副院長の 中島先生です。

中島副院長

 

大盛況のうちに全日程を終了致しました。

ご来場頂いたみなさまありがとうございました!!

ありがとうございました

 

この熊本赤十字病院×Dr.テレビたん

新センター開設記念フォーラム  救急医療と小児医療のいま

~総合救命救急センター・こども医療センター開設を記念して~の

模様は、26(土)番組Dr.テレビたんでもご紹介致します!

 

こちらもどうぞご覧ください!

KKT!医療ナビDr.テレビたん