次回の放送は2017年1029日(日)1500分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(4) 熊本第一病院 リハビリと栄養指導

Dr.テレビたん 担当の松本 龍です。

 

 

熊本第一病院 リポーターの地域連携室 山部さん(写真右)と

理学療法士の河島さん(写真左)です。

理学療法士の河島さん

 

河島さんは、在宅復帰に向けての一番のカギは一人で歩けることと

言われました。

一人で歩けること

歩行訓練をはじめとするリハビリを毎日行って、入院患者さんが

ご自身のお家に住まわれる前に家屋のチェックを行い、

手すりを取りつけたり、福祉用具の選定なども行われているそうです。

 

 

おばあちゃんにリハビリの様子などお話を伺いました。

おばあちゃんインタビュー

 

熊本第一病院に入院してからリハビリを続けることで、

歩けるようにもなり、階段もつかまりながら昇れました! 本当よかった!」

階段

とおっしゃられました。

 

 

楽しく在宅生活が送れるような支援をされています。

歩行訓練

 

 

歩行訓練の他、食事も大切なことです。

栄養管理士の置田さん(写真右)に、栄養サポートについてお聞きしました。

栄養管理士の置田さん

 

 

さきほどのおばあちゃんは、入院中に心不全を患われたそうです。

その予防で、制限食になったそうですが、ご自身が食に対する思いが

強くあって、入院中は何度もベッドサイドに行き、お話を聞きながら

ベッドサイドで食事指導

満足のいく食事の内容を検討されたそうです。

 

 

ご家族の方にも一緒にお話されます。

この日は、同じ80Kcalの食品サンプルを手に取りながら指導されていました。

ご家族も一緒に

 

 

退院に向けてのご家族への食事指導も行いながら、

入院中から退院後までの患者さんのトータルケアを各部署のスタッフ間で

トータルケア

連携を取り合いながら進められていました。

 

 

これが、萬生会のシンボルマークでもあり 野上院長も言われる

   「その人らしさを支える手」 になっているのですね!!

萬生会の理念

 

 

明日のブログでは、熊本第一病院 院長の野上先生コメントと

今回、リポーターとして大役を果たした山部さんとスタッフのみなさんの

オフショットなど番組では見られない部分もお届けします。 おっ楽しみに♪

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん