次回の放送は2017年1223日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(3) 乳がんセミナー トークセッションの様子!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

2月5日(日) ウェルパルくまもとにおいて、乳がんセミナーがありました。

乳がんセミナー参加者

 

 

すぱいす*spice連載「おっぱいの達人」の作者 桜田 幸子さんと、

KKTテレビタミン リポーターの 荒木 直美さんです!

おっぱい

乳がんセミナーなだけに、二人とも「おっぱい」を押さえていますが、

この日、桜田さんはなんとお孫さんが誕生するかもしれないとの事で、

(娘さんに「おしるし」が来た) 産まれてくるお孫さんに、

「自分のおっぱいを飲ませたいー」と会場のみなさんにも報告されていました!

 

 

 

第二部は、「乳がんのココが知りたいにズバリお答えします」と題して、

みわクリニック 院長、熊本市医師会乳がん検診班委員長 秋月 美和先生を

加え、トークセッションが行われました。

トークセッション

 

応募の際に、事前に質問を募集されており、

「こそだてがかり」として活躍されている このお二人が先生に質問し、

こそだてがかり

秋月先生が答えられていました。

みわ先生

 

いくつかご紹介します。

 

Q1 マンモグラフィーの検査を受けたいのですが、おっぱいが小さいです。

  検査できますか?

A1 乳房の大きさは関係ありません。 検査できますよ。

  生理が終わった後に検査を受けられた方が良いです。

  コンディションを整えることが大切なのと、痛みも和らぎます。

マンモグラフィー

 

 

Q2 乳腺症から、乳がんに進行することはありますか?

A2 しこりや痛み(生理前から強くなる)、乳頭から異常分泌があったり

  膿疱(液体が袋状にたまった状態)ができると乳腺症と呼ばれます。

  「乳腺症」は、乳がんとの区別が難しい場合があり、

  女性ホルモン(エストロゲン)との関係がありますので、

  乳腺症と言われた方は1年に1回検査した方が良いでしょう。

トークセッションの様子

 

 

Q3 乳腺のしこりが大きくなったり、小さくなったりします。

  良性と言われましたが、悪性になることはありますか?

A3  線維腺腫(せんいせんしゅ)と呼ばれるものは97%悪性化しません。

  女性ホルモン(エストロゲン)と関係がありますので、閉経後は小さく

  なります。ただ、良性でも葉状腫瘍(ようじょうしゅよう)と呼ばれるものは

  悪性化することがあります。葉状腫瘍の場合、良性でも手術で

  取り、摘出後も再発することがあるので経過観察が必要です。

閉経後のエストロゲン

 

 

Q4 乳がん検診の費用はいくらくらいかかりますか?

A4 市町村検診は補助が出ますので、無料や安くなります。

     (無料クーポンは、「マンモグラフィーの検査」のみ)

  30代や、人間ドック、検診センターでは自由診療扱いになります。

  マンモグラフィー4枚撮影、エコー検査、診察で

  12,000円程度かかります。

 

 

  それを聞いた主婦代表 「こそだてがかり」のお二人が、

こそだてがかり

 美容室に行って、カラーリングまでするとだいたい1万円くらいしますね。

 年に1回乳がん検診と思うと、月々1000円ずつ貯めていったり、

 誕生日に家族で乳がん検診をプレゼントするなどもいいですねー

と言われていました。

 

なるほどー

なるほどー。 誕生日プレゼントというアイデアはスゴイ!!

 

 

検診と診察を分けて

秋月先生も、「検診」と「診察」を分けて考えて、受診して下さい!と

言われていました!!

 

 

 

その後、会場からの質問に答えられていました。

会場からの質問

 

 

なんと、荒木さんから指名されてしまいましたので、質問しました。

私指名されました

 

Q 「先日、妻が乳腺炎になりましたが、夫婦で身体のチェックをすることも

大事と今日の講演を聞いて思いました。 あと、乳がんは男性も罹ると言われ

ましたが、私もBカップくらいあるかもしれませんが、受けたが良いでしょうか?」

 

A 「パートナー同士で、お互い話し合うことは大事ですね。あと、男性の

 乳がんは定期的な検査は必要ありませんが、乳頭から黄色や透明の

 分泌物が出る時は、受診してください」

 

カップルやご夫婦で

「ありがとうございます。 今日何人か男性の方もいらっしゃっていますが、

乳がんのセミナーもカップルや、ご夫婦で参加者が増えるといいなーと

感じました。 あと、桜田さんに。 私はおばあちゃんっ子で育ちました。

実は、会社のみんなも誰も知りませんが、私おばあちゃんのおっぱいを

小学校1年生まで吸っていました。 ぜひ、お孫さん誕生の際は、

おっぱいを飲ませてあげてください。」 

 

と言うと、会場からも笑いが起きてしまいましたが、桜田さんは、

自信持って

「自信持って、お孫ちゃんにおっぱいあげます!」と言われ、秋月先生からは

「松本さんみたいに、立派な人になるかもしれませんよー」

おっぱいの大切さ

と言って頂きました(笑)

 

約2時間にわたる講演とトークセッション。

参加された方も非常に勉強になり満足されていました。

セミナーが終わったあとも質問がある方は秋月先生が答えられていました。

 

 

また、乳がん自己検診モデルが置いてあり、それにも長蛇の列が!

乳がん触診

 

自己検診モデル

 

私も触ってみましたが、タレントの山田邦子さんが乳がんのしこりが

触ると、「肉まんの中の 梅干しの種のような感覚」 と言われましたが、

全く同じ感じでした。 

 

ピンクリボン

秋月先生の胸元にあるバッヂは 「ピンクリボン」のバッヂです。

ピンクリボンくまもとの代表理事でもある 秋月 美和先生ですが、

ぴんくまくん

マスコットの「ぴんくまくん」を紹介されながら、

乳がんの早期発見のための乳がん検診受診の啓発や

乳がん患者の方々の生活サポートなどされています。

 

熊本城をピンク色に染め、乳がん啓発されたことも話題になりましたね。

熊本城をピンク色に

 

ピンクリボンくまもと活動とともに、

ピンクリボン

乳がん検診を受ける一歩をみなさんにも歩んでほしいと感じました。

 

いまや日本では20人に1人が乳がんにかかると言われています。

 

マンモグラフィーはおっぱいをはさむので痛みはあります。 

一瞬の痛みか? 一生の痛みか?  秋月先生も言われていましたが、

他人事ではありません。自分のため、大切な人のためにも

乳がん検診を受けてほしいと思います。

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん