次回の放送は2018年127日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(1) 番組 「臓器移植の最前線」 見どころ!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

番組のプレビューを行いました。

番組PV

 

 

今回のラインナップはコチラです!

8月ラインナップ

 

 

今日のブログでは、メディカルリポート「臓器移植の最前線」の

臓器移植の最前線

見どころなどをご紹介したいと思います。

 

 

臓器移植

移植とは、病気に侵されて臓器や組織が機能しなくなった人に、

亡くなった人や親族から提供された健康な臓器や組織を外科的に移植し

機能を回復させることをいいます。

 

 

 

現在の移植医療について、熊大医学部附属病院長の猪股教授に

猪股教授

お話を伺いました。

 

 

現在、移植は一般的な治療として世界各国で行われていて、

日本でも2000例以上の移植が行われているそうです。

日本では

日本ではほとんどが生体肝移植で、諸外国との違いなどを

猪股教授に説明して頂きましたよ。

 

 

 

肝臓の移植手術の様子です。

肝臓の移植手術

 

 

 

肝臓移植

 

生体肝移植は、肝臓を提供する「ドナー」と移植される「レシピエント」との

体調管理や、メンタル面でのフォローがとても重要です。

 

生体肝移植

 

ですから、必ず手術前には「コーディネーター」による十分な説明を

受けてもらうそうです。

 

手術前に

 

また、手術を行う前には関係スタッフが集まりカンファレンスを行っています。

 

カンファレンス

 

肝臓は、70%切除しても残り30%でほぼ1年で正常に再生し

元通りの肝臓になるそうです。

肝臓

 

日本では今回のような生体肝移植が主流ですが、他に「脳死肝移植」があります。

 

生体肝移植は「健康な身体にメスを入れなければならないリスク」があり、

脳死肝移植を望む声も高まっているそうです。

 

 

 

番組では、カンファレンスではどのようなことが話し合われるのか?

県内の脳死肝移植や脳死判定の現状。

 

移植医療の発展と普及を目的に熊本県で発足した

「熊本県移植医療推進ネットワーク協議会」の活動の様子などリポートします。

 

 

放送は27(土)ごご5時からです! 

 

 

明日のブログでは、医療法人 室原会

医療法人室原会

菊南病院」 「室原内科・小児科」の見どころなどをご紹介しますよ!!

おっ楽しみに~。

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん