次回の放送は2018年1028日(日)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(4) NTT九州病院 血液内科の様子!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

30(土)ごご5時から放送の番組Dr.テレビたんのロケで

医療法人 創起会 NTT西日本九州病院に来ています。

外来待合室

外来の待合室の様子です。

吉田さん

外来待合室から2階へあがるスロープでも撮影しました。

患者さんにも撮影中はご協力頂きまして本当にありがとうございました。

 

 

血液内科の鈴島先生です。

鈴島先生

 

悪性リンパ腫や急性白血病など血液悪性腫瘍を中心とした「血液疾患」の

診断と治療をされています。

 

他にも、体の中の血管と細胞の結合組織に炎症が起こる

 「膠原病(こうげんびょう)」などの免疫疾患の診断と治療もされています。

 

 

熊本県内には、血液専門の治療センターが少ないそうで、他の血液専門病院や

熊大附属病院などと密接に連携しながら行っているそうです。

詳しく説明してくれる鈴島先生

 

血液は、「血しょう」 と 「血球」で構成され、

「血球」は「赤血球」「白血球」「血小板」の3種類があります。

 

これらの細胞成分が異常に多かったり、少なかったりした場合には、

「貧血」、「あざができやすい」「歯茎から出血が止まりにくい」、

「首やわきの下、足の付け根にしこりがある」などの症状が出てくるそうです。

 

院内には、4つの無菌室と6台の無菌ベッドが用意されているそうです。

無菌室

 

化学療法を受けたあとに、「白血球が減少」したり、「免疫が低下」した

患者さんが入室できるようになっています。

 

手洗いの蛇口はセンサーで水を出したり止めたりする、

無菌水手洗い装置が常備されていましたよ!

タッチセンサー

 

これらの設備を使用することで、化学療法からの肺炎になる危険性を

避けることが可能になったそうです。

 

 

鈴島先生と

番組では、鈴島先生に「血液疾患」の早期発見・早期治療の大切さや、

合併症の原因など お聞きしましたのでお楽しみに!!

 

 

明日のブログでは、NTT西日本九州病院の健診センターの様子など

お届けします!

 

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん