次回の放送は2018年1027日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

ロボットスーツHAL 見てきました。in 東熊本病院

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

サイト Dr.テレビたんTOPページにある 医療機関からのお知らせ

お知らせ

 

東熊本病院 の情報に 「 ロボットスーツHALのお知らせ 」 と書いてあり、

ロボットスーツHAL が気になって仕方がなかったので先日、見に行ってきました。

 

 

ロボットスーツHAL があるのは、菊陽町にある 「東熊本第二病院」 との事で

東熊本第二病院に行ってきました。

東熊本第二病院

 

外観はコチラ!

東熊本第二病院

 

ようこそ!

ようこそ!! 東熊本第二病院へ と書かれた壁紙には

「認知症の予防」 や 「脳の健康に役立つ生活法」などの情報が

書かれていました。

 

 

そして、その隣には、

レクレーション

レクレーションの様子や、作業療法のリハビリで患者さんがつくられた飾り

などが色鮮やかに飾られてありました!

 

 

 

そして、リハビリテーション室へ。

リハビリテーション室

高く明るい広々としたリハビリテーション室に入ると、そこに!!

 

 

 

 

じゃーーん!!

 

 

そびえたつHAL

 

こ、これが!!   ロボットスーツHAL です!!

 

 

 

スタッフの方にいろいろ説明をして頂きました。

スタッフ説明

 

まずはこのスーツを体に装着します。

人は筋肉を動かす際には、「脳」から筋肉に対し指令が出て、

その際に、わずかな「生体電位信号」が出るそうです。

 

その信号が出る部分の皮膚に、電極のついた丸いシールを貼り、

そこと、ロボットスーツをスタッフの方が手に持つケーブルでつなぎます。

 

そして、「歩きたい」と思う気持ちに対し、

その信号を検出し制御するとの事です。

パソコンで管理

 

状態は、常にパソコンでモニターしながら管理され、

これまで歩けなくなった方にも 「もう一度、歩くことの素晴らしさ」が

実感できるそうです。

かっこいい。

寝たきりの景色から、立ち上がった時に見る景色の素晴らしさに

がんばろうという気力が湧く方が多いそうです。

「歩きたい」と思う気持ち。 「立ちたい」と思う気持ち。 「動きたい」と思う気持ち。

この気持ちを持つことで、ロボットスーツを着た人の意思にそって

動作支援が実現します。

これらの気持ちが大事だとスタッフの方もおっしゃられていました。

 

 

ロボットスーツHAL と 2ショット撮りました(笑)

2ショット

すごい時代になったなーと感じました。

 

 

 

自由診療となる場合がありますので、詳しくは東熊本第二病院へ

お問い合わせください。

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん