次回の放送は2018年1027日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) 天野整形ロケ 変形性股関節!

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

25(土)ごご5時放送の番組Dr.テレビたんの収録で、

天野整形外科・あまの皮ふ科に来ています。

 

昨日のブログでは、乳児の股関節脱臼についてお届けしました。

この股関節脱臼の他に、変形性股関節症にも注意が必要です。

模型

股関節の模型を手にしながら、天野院長に

大腿骨の頭が丸いボール状になっていることを教えて頂きました。

このボールが収まるように丸くくぼんだ骨盤の受け皿の出来が

不十分な状態を臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)というそうです。

 

臼蓋(受け皿)のかぶりが浅く、大腿骨の頭がはみ出してしまい。

軟骨の一部に負担がかかって、ずれて股関節に炎症が起き、

傷つき痛みが出てしまいます。

 

治療法としては、痛み止めなどを使用する「薬物療法」や、

温熱パックや通電を使用して痛みを和らげたり、関節の可動域を広げる

「理学療法」のリハビリなどを行います。

リハビリ中

 

保存療法を行っても耐え難い痛みがあったり、進行が止められない場合は

寛骨臼回転骨切術や骨盤骨切術、人工股関節置換術を行います。

手術室

この臼蓋形成不全が将来、関節の軟骨がすり減り、痛みが生じたり、

歩行が困難になる病気を 「変形性股関節症」 といいます。

 

 

臼蓋形成不全から変形性股関節症へと進展すれば、

苦痛が強まる以外に、股関節の可動域もさらに狭くなり、

歩行時には「杖」が必要になるなど、日常生活にも支障がでるそうです。

 

 

早期発見・早期治療が大事です!と天野院長も力強くおっしゃられていましたよ。

力強く

 

 

明日のブログでは、天野整形外科で取り組む「フットケア」について

お届けします。

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん