次回の放送は2018年728日(土)1630分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(3) リレーフォーライフ 2日目の様子

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

 

 

 

2日目(日曜)の朝8時半頃の様子です。

朝

 

歩く道なりに置かれた 柵の一つ一つにもメッセージが・・・。

柵のメッセージ

 

ステージ上では、参加者全員で「おはよう体操」で柔軟の後、

8歳で糖尿病を発症し、今でも毎日数本のインスリン注射がかかせない

エアロビック選手の大村 詠一さんの演技が行われていました。

 

 

講話ブースでは、

乳がん撲滅に向けて日々奮闘されている、みわクリニック 院長の秋月先生

 「乳がんと闘う」 をテーマに講話されていました。

秋月先生

 

乳腺があると、おっぱいの大きさに関わらず、乳がんになる可能性はある。

脂肪が多いとマンモグラフィーでわかりづらい がんもエコーと組み合わせたり、

定期的な検診で早期発見を心がけている。

乳がん講話

1回マンモグラフィーで検査してOK!と思っている人も多いが、

女性ホルモンをエサとして成長していく 乳がんは2年に1回の検診を

勧めている。 とおっしゃられていました。

 

 

続いて、高野病院 院長の山田先生による

「最近増えている大腸がんについて」 の講話がありました。

山田先生

 

立ち見のお客さんも出るほどの好評ぶりで、みなさん真剣に

先生方の話に耳をかたむけられていましたよ!

立ち見! 

 

テーマ

不安な点は、相談して下さいと言われていました。

 

乳がんも大腸がんも 「早期発見 早期治療」 をすれば 命に関わることが

非常に少なくなる (ほぼ完治する) と言われています。

 

 

記念写真を撮って頂きました!

記念写真

山田先生秋月先生! お疲れ様でした!!

 

 

 

なんと、このリレーフォーライフ。

今年は、熊本県内で 2回目が開催される予定との事です!!

 

開催日時 : 9月23日(金・祝) ~ 24日(土)

開催場所 : 九州看護福祉大学グラウンド (熊本県・玉名市)

 

リレー・フォー・ライフ たまな として

九州看護福祉大学の学生が発起人となって活動されます。

いっしょに歩いて、いっしょに笑って、いっしょに感動しましょう!!

 

ボランティア募集との事で、お問い合わせは、

九州看護福祉大学の 安部さんまでお願いします。

 

 

 

のぼり

 

 

「がんに負けない社会を目指す」

・・・すべてが死に至る特別な病気ではなく、誰しもが経験しうるもので、

 「早期発見」できれば短時間に治る病気だという「イメージ」が社会に

 広がれば、患者さんが不必要に不利な立場に追い込まれることもなくなる。

 

 がんと闘うサバイバーの希望につながる活動を、多くの人々が

 目にすることで 「がん」に対する社会の認識を変えていく機会にしていきたい。

 

 

これが、リレー・フォー・ライフの活動です。

 

 

今後も、Dr.テレビたんでは、病院が取り組むイベントや、健康情報などを

お届けしていきたいと思います。

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん