次回の放送は2018年1231日(月)1530分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(2) いよいよ30(土)放送! 番組のお知らせ

Dr.テレビたん担当の松本 龍です。

 

 

 

いよいよ明日30(土)ごご5時から放送の、

番組 Dr.テレビたんの見どころなどをお知らせしております。

 

 

 

今日は、医療機関情報 「済生会熊本病院」 に2007年に設立された 

外来がん治療センターについての見どころです。

外来がん治療センター

 ここは、入院ではなく、通院(外来)でがん治療を受けられる施設です。

 

 

この、外来がん治療センターの4階には、360人を収容できる

コンベンションホールがあり、定期的に市民公開講座など開かれています。

コンベンションホール

 

 

 

一般的にがん治療の三本柱と言われているのが、

三本柱

「手術療法」 「化学療法」 「放射線治療」 の3つです。

 

済生会熊本病院で、手術を行い

外来がん治療センターで、化学療法と放射線治療を中心に

診療に当たられています。

 

 

隣接する健診センターでは、

健診センター

積極的にがん検診の受診を進め、がん予防の取り組みや

がんの啓発活動にも力を入れられています。

 

 

番組では、リポーターの吉田恵理さんが、

済生会熊本病院 院長の副島先生に、がん治療の取り組みや、

外来がん治療センターをどういう理念で設立したか、などインタビューしました。

副島院長

 

 

 

 

この画像は PET/CT検査で撮影した画像です。

PET/CT画像

PET検査とは、がん細胞の特性を利用した放射線による検査です。

がん細胞は、正常な細胞と比べて、約3~8倍の「ブドウ糖」を摂取する

性質があり、この特性を利用して、ブドウ糖に放射能を付けた薬剤を注射し

検査することを言います。

 

「脳」はブドウ糖を多く消費し、「尿」となって排出されるので、

頭・腎臓・膀胱は右の画像のように赤くなります。

左の画像は、このPET検査にCT検査の画像を活用し、

合成することで、がん細胞の特定ができるようになりました。

 

 

放射線治療には、トモセラピーと呼ばれる強度変調放射線機器で、

治療を行っています。

トモセラピー

この強度変調放射線治療機器には、CT撮影の機能があるため、

放射線治療の前に、臓器の位置と、がん細胞の位置を再確認し、

腫瘍の形に沿って、放射線を当てて治療することができます。

 

 

これまでの放射線治療機器は、がん組織以外の正常な細胞にも

ダメージを与えていたので、副作用が軽減できるメリットがあるそうです。

 

 

また、今年の2月に開設された「がんサロン・なでしこ」の

代表世話人の坂本淳子さんの話もご紹介します。

坂本淳子さん

 

坂本さんは、17年前に悪性リンパ腫を患い、済生会熊本病院を中心に

治療を続けられました。

闘病中の坂本淳子さん

  (17年前の闘病中の坂本さんの写真です。)

 

坂本さんは、自分の経験を活かし、同じがんで苦しむ患者さんや、

その家族の方のいろいろな悩みなどを気軽に語り合える交流の場を

つくりたいと、今も治療を続けられている中、自分の診察日にあわせて、 

毎月第1水曜日のごご1時半から 「がんサロン なでしこ」で

話をされています。

 

 

※がんの患者さん ※ご家族 ※がん支援者

※入院・通院・他院通院中の方 どなたでも利用可能との事です。

 

 

 

これまで病院内にあった相談窓口も、より多くの患者さんに利用して

もらうため、新たに相談支援センターも開設されました。

相談支援センター

 医療ソーシャルワーカーが、

入院中の医療費に不安や、退院してから自宅に戻るまでの不安など

患者さん一人ひとりに寄り添いながら相談を受け付けられています。

 

 

番組では、このような 済生会熊本病院 が取り組む

「外来がん治療センター」 の様子を詳しくお伝えします。

放送後は、サイトに動画も掲載されますので、繰り返しご覧ください!!

 

 

 

あと、番組からお知らせもありますよ。

番組からのお知らせ

 

 

 

放送は、明日30(土)ごご5時から。

KKT!医療ナビ 「Dr.テレビたん」 ご覧ください!!

花

おっ楽しみに~♪

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん