次回の放送は2018年224日(土)1600分からだよ!みてね♪

スタッフブログ

松本 龍(まつもと りゅう)のオフィシャルブログ

打ち合わせや番組ロケの裏側、病院からのお知らせなどをご紹介します!

(5)済生会 「がんサロン・なでしこ」とは

Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。

坂本淳子さん

済生会熊本病院の外来がん治療センターの取り組みをご紹介しています。

写真中央は、済生会熊本病院で今年の2月に開設された、

「がんサロン・なでしこ」の代表世話人の坂本淳子さんです。

がんサロン・なでしこ

 

「がんサロン・なでしこ」とは

がんという病気を抱えると、がんの病気のこと、生活のこと、仕事のこと、

家庭のこと、家族のことなどさまざまな事を考え込み悩んでしまいます。

そのような「がん患者さん」同士が、情報交換や闘病生活などの体験の

語らいでの交流を目的として、「気軽に集まれる場」になるよう開設されました。

 

笑顔が素敵

笑顔が素敵な、代表世話人の坂本さん。

実は、今から16年前に「悪性リンパ腫」を患い、「余命3ヶ月」と宣告され

それから「目覚めて感謝」 「日々生きて感謝」 と

「感謝の気持ちを持って生きよう」 と思われたそうです。

 

 

「そうしたら、今 生きて17年目ですよ!」 と笑いながらおっしゃられました。

 

 

髪の色も染めていらっしゃるのではなく、

「がん治療の副作用で脱毛で抜け落ち、再び生えてきたらこの色でした」

と言われていました。

明るくお話される坂本さん

明るく話をされる坂本さんですが、

4分の3 胃がないそうで、他にもいろいろがんが転移した話をされました。

では、なぜこの「がんサロン・なでしこ」の代表世話人を引き受けられたかと

いうと、

 

 

※あらゆるがんの患者さんに自分の経験をアドバイスできる。

※胃もほとんどなく 32Kgだった体重が今は41Kgある。

 食生活の不安にもアドバイスできる。

※トモセラピーの放射線治療の話など、治療の体験を話すことができる。

 

 

と、自分の経験を話すことで、

一人でも多くの、不安で悩んでいる、がんの患者さんに対して

「明るい希望を持つ」 「あきらめないという気持ちを持つ」

そして 「生きようと思う」 メッセージを伝えていきたいと力強く言われていました。

番組で

坂本さんに伺った話は番組で詳しくお伝えしますよ!

 

 

 

「がんサロン・なでしこ」は、今も治療を続けられている坂本さんの

治療日にあわせて、 

毎月第1水曜日のごご1時半から

外来がん治療センター 2F患者情報室「ひだまり」で行われています。

 

 

※がんの患者さん ※ご家族 ※がん支援者

※入院・通院・他院通院中の方 どなたでも利用可能との事です。

 

 

お茶を飲みながら話をしたり、講演会やコンサートも企画されています。

 

 

「楽しかった」 「元気をもらった」 「また来ます」 

と、がんの患者さんやご家族の方がおっしゃられることで

「今日を生きて 明日も生きる」という生きがいになると言われていました。

坂本淳子さん

 

少しでも興味のある方、参加してみたいと思われた方はご連絡下さいとの事です。

お申し込み・お問い合わせは、

済生会熊本病院 地域医療連携室 096-351-8372 まで。

 

 

番組は30(土)ごご5時から放送です!!

放送後は、サイト 「Dr.テレビたん」に同じ内容が動画でアップされますので

こちらもご覧ください!!

 

KKT!医療ナビDr.テレビたん