カレンダー

KKT医療ナビ Dr.テレビたん

熊本赤十字病院の記事

【熊本赤十字病院】こども病棟でお正月あそび!

2017年1月18日16:44
熊本赤十字病院です。


こども病棟では、こどもの療養環境向上のため、毎月季節の行事を開催しています。
1月11日(水)に開いた1月のおたのしみ会は、お正月あそび。
今年は、干支にまつわるお話や書初め、こま作り、福笑いを行いました。

干支の順番がどうやって決まったかのお話をしたあと、
病棟保育士が「みんな、自分の干支は知ってる~?」と尋ねると、
皆口々に自分やお父さん、お母さんの干支を挙げていました。

こまは、画用紙に絵を描いて切り込みを入れ、息を吹きかけると回るものを作りました。
福笑いには目隠しをして挑戦。想像とちがった顔が出来ると、大はしゃぎ。

書初めでは、初めての書道でドキドキしながら、親御さんや病棟スタッフに
書き方を教えてもらう子や、好きなキャラクターの絵や今年の抱負を書く子、
それぞれに楽しんでいました。

赤十字病院正月遊び.JPG


KKT医療ナビ!Dr.テレビたん

 

【熊本赤十字病院】臨床道化師がこども病棟を慰問!

2016年11月30日16:12
熊本赤十字病院です。


11月17日(木)、Clown One Japan(クラウン ワン ジャパン)から
ケアリングクラウン(臨床道化師)がこども医療センターを訪問してくださいました。

日赤臨床道化師1_2016.jpg

「Clown One Japan(クラウン ワン ジャパン)」は、関東を中心に全国の病院や施設を訪れ、
遊びを通して笑顔とユーモアを届け、心のケアをしているボランティア団体です。

 

赤い鼻をつけた9人のクラウン(道化師)は、楽器やおもちゃを持って各病室を訪問。
一緒に歌を歌ったり、絵を描いたり、時にはおどけて見せ、
子どもの反応に合わせてさまざまな遊びを行われました。

クラウンにパワーをもらったようで、元気いっぱいになった子どもたち。
病室でクラウンと遊んだあとも、「もっと遊びたい!」と廊下に出てくる子どももいて、
クラウンたちとすっかり仲良しになっていました。

子どもたちのきらきらした笑顔を見て、ご家族、病棟スタッフも皆たくさん笑い、
素敵な時間を過ごしました。
Clown One Japanの皆さん、ありがとうございました。

日赤臨床道化師2_2016.jpg   日赤臨床道化師3_2016.jpg

ベッドサイドで即興の曲を演奏したり、       クラウンと同じ、赤い鼻をつけたらお友達!

バルーンを作ってプレゼント!                               
日赤臨床道化師4_2016.jpg    日赤臨床道化師5_2016.jpg

入院という制約された環境において、子どもが本来もつ病気以外の健康な部分への
働きかけを行い発達支援を行うため、当院では、病棟保育士・看護師が
毎月いろいろなイベントを企画し、実施しています。

KKT医療ナビ!Dr.テレビたん

 

【熊本赤十字病院】「高校生の1日看護体験」を開催

2016年8月26日00:11
熊本赤十字病院です。


平成28年8月3日(水)と5日(金)の2日間、高校生の一日看護体験を開催しました。

今年で26回目となるこの看護体験は、熊本県看護協会の主催で
毎年行われているもので、当院は熊本県内から59名の高校生を受け入れました。

開会式では、熊本県看護協会の嶋田晶子会長が
「今回の熊本地震では、約2000名の災害支援ナースが全国から集まり、
避難所等で活動しました。
少子高齢化社会に向かって医療・看護のニーズが高まるなか、
互いに励まし合い、見守り合っていくことが看護の心であり、大切です。」と
語られました。

高校生は、看護師の指導のもと、患者さんの血圧や脈拍の測定、洗髪や足浴、
車椅子移動の介助、新生児の沐浴体験などを行いました。

初めは皆緊張した様子でしたが、しばらくすると患者さんに
優しく声をかけながら笑顔で体験を行っていました。

日赤高校生看護体験1_2016.jpg 日赤高校生看護体験2_2016.jpg

日赤高校生看護体験3_2016.jpg 日赤高校生看護体験4_2016.jpg

日赤高校生看護体験5_2016.jpg 日赤高校生看護体験6_2016.jpg

KKT医療ナビ!Dr.テレビたん