カレンダー

KKT医療ナビ Dr.テレビたん

済生会熊本病院の記事

【済生会熊本病院】市民公開講座を開催しました

2017年6月16日00:14


6月10日(土)「不整脈治療で寝たきりを予防しよう」と題し、
市民公開講座を開催しました。
当日は400名以上の来場があり、当院循環器内科医師の奥村先生、古山先生から
「不整脈にはどんな種類があるの?」といった不整脈の全体像から、
「不整脈から脳梗塞が発症!?最新のカテーテル治療とは?」といった合併症や治療方法まで、
「不整脈と寝たきり(脳梗塞)」について詳しく講演頂きました。

脳梗塞の中でも重症化しやすい「心原性脳塞栓症」。
1度発症すると社会復帰できるのはわずか3割と、半数以上が生活に支障を来す後遺症が
残ってしまう病気です。
その心原性脳塞栓症の原因で最も多いのは心房細動(不整脈の一種)で
あることから、「心房細動の早期発見」が寝たきりを防ぐ重要なポイントです。
心房細動は自覚症状が出にくいため、早期発見には自分で毎日脈をとることが
一番簡単なやり方です。
会場でも脈のとり方を実演し、参加者の皆さんからは「早速今日から習慣にします」と
いったお声をもらいました。

日頃から脈をとり、異変を感じた場合にはかかりつけ医や内科を受診し、心電図を測ります。
そこで不整脈と診断されたり、手術などが必要と判断された場合は、
専門の医療機関を紹介されます。
もちろんかかりつけ医と紹介先の病院との間で、紹介状や検査情報のやりとりがなされ
患者さんに最善の治療が選択されます。
済生会の場合、手術後の服薬管理等は紹介元のかかりつけ医に行って頂く場合が多く、
地域内での医療間連携・機能分化の必要性についても話がありました。

後半のパネルディスカッションでは同院で1年前に手術をされ現在再発もなく元気に過ごされる、
元患者の方も参加され、当時の自覚症状や治療の様子、現在の活動についてお話頂きました。
講演終了後には、AEDの操作説明会や心電図の展示などを行い、
皆さん積極的にご参加頂きました。

今回の講座内容は済生会のホームページや、6/22(木)のリビング新聞、
7/29(土)放送のKKTDrテレビたん等で紹介される予定です。


不整脈_2017.jpg
脈のとり方:
手首の内側の親指側に3本の指をあて脈をとります。
秒針のように規則正しく打っていれば正常。
脈がとんだり乱れたり、早くてとりづらい場合は不整脈が疑われます。
かかりつけ医へ相談しましょう。

済生会市民公開_2017.jpg

KKT医療ナビ!Dr.テレビたん

 

【済生会熊本病院】大盛況!「歩き方講習会」を開催しました

2017年2月 2日17:27


1月29日(日)、日吉東校区の住民の方を対象に、「歩き方講習会」を開催しました。

日吉小学校体育館にて実施した今回の講習会に、雨の中45名の参加者が集い、
日頃の歩き方チェック・日常生活での転倒予防法・
身体に負担のかからない正しい歩き方を学びました。

参加された皆さんは、リハビリスタッフらの話に熱心に耳を傾け、
積極的に参加されました。

済生会歩き方2016.JPG

KKT医療ナビ!Dr.テレビたん

 

【済生会熊本病院】「症状別病気解説」の特集ページに掲載されました

2016年12月26日16:08
済生会熊本病院です。

済生会肺炎1.JPG
当院消化器内科一門部長が、
全国済生会の「症状別病気解説」の特集ページに掲載されました。
▼一部を紹介します。(詳しくはコチラから!)

済生会肺炎2.JPG
空気の通り道である気管支の末端や、気管支の周囲に存在する酸素と
二酸化炭素のガス交換を行う肺胞に、細菌やウイルスなどの病原体が
感染して炎症を起こしたものを、肺炎といいます。

済生会肺炎3.JPG

肺炎は風邪とは炎症を起こす場所が異なります。
しかし、上気道感染症から二次感染を起こすことで、気管支炎や気管支肺炎などに
進展することもありますので注意が必要です。

済生会肺炎4.JPG

予防のポイント

風邪、インフルエンザ、肺炎の主な原因はウイルスや細菌への感染です。
感染しないための予防を行いましょう。

ポイント1
普段から感染予防
・外出から帰宅した際の手洗い、うがいをこまめに行い、冬期などの風邪やインフルエンザの流行期には、人混みを避け、人混みに出る際にはマスク着用を行うことも考えてください。
・空気の乾燥は、ウイルスの増殖しやすい環境であり、冬期の風邪やインフルエンザの流行に関わっています。
室内空気の湿度を50%以上に維持するために、加湿器を使用したり、洗濯物を室内干しにするなどの湿度管理も大事です。
・食後や就寝前の歯磨きにより口腔内を清潔に保つことで、口腔内の雑菌による風邪やインフルエンザ、肺炎予防に繋がります。

ポイント2
からだの抵抗力を高める
規則正しい生活や適度な運動を行い、喫煙者は禁煙をすることで、からだの抵抗力を高めましょう。

ポイント3
予防接種を受ける
肺炎球菌は代表的肺炎の病原体であり、重症肺炎を起こす菌の代表です。
高齢者の肺炎球菌ワクチン接種は大事な予防法です。予防接種を受けるタイミングは、
インフルエンザ流行期に入る前が良いでしょう。


済生会肺炎5.png

肺炎にかかりやすい人
喫煙者は、肺炎にかかるリスクが高いことがわかっています。
厚生労働省の調査では、日本人の死亡原因の第3位が肺炎であり、肺炎による死亡者の95%が
65歳以上の高齢者です。高齢者肺炎は、嚥下機能(だ液や食べ物などを飲み込む働き)の低下から、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が多くを占めています。食事の際のムセがある場合は、誤嚥性肺炎"要注意"です。かかりつけ医に相談してください。

済生会肺炎6.JPG
解説:一門 和哉
呼吸器内科部長

※全文はコチラから閲覧できます。

KKT医療ナビ!Dr.テレビたん