テレビ番組連動型の熊本の医療情報サイトではさまざまな医療情報をわかりやすくみなさんにお伝えしています。

カテゴリー

検索

(2) 済生会 がん患者への4つのサポート体制

2017年1月22日00:09
Dr.テレビたん担当の 松本 龍です。


28(土)午後1時半から放送の、
番組Drテレビたんでは、済生会熊本病院 を紹介します。


がん診療の統括、検診部門の責任者であり、
がんのサバイバー(経験者)でもある 済生会熊本病院 予防医療センター の
菅センター長にがんの現状、病院の診療体制などについてお話しをお聞きしました。

菅センター長


死因の30%を占めるがん。 「生活習慣」と「遺伝子」
すなわち 個人が持っている 「がんになりやすい体質の組み合わせ」 によって
起こるそうです。
がんにならないための予防と定期的に検診を受けることで、
がんを早期に発見することを 済生会熊本病院 予防医療センター にて
取り組んでおられます。

がん検診が1つのコースに集約した 「がんドック」 や、
女性特有のがん に絞り仕事帰りに受けられる「イブニングレディースドック」

レディースセンター

があり、がんの早期発見につなげておられます。

番組では、菅センター長自身のがん体験(気持ち)もお話し頂きましたよ。

菅センター長

がん患者のサポート体制

(1)外科、内科、放射線科などの専門の異なる医師による
  治療方針の決定。
(2)かかりつけ医や地元の病院と連携して治療する地域医療連携。
(3)患者、患者家族のさまざまな相談体制の充実。
(4)がんと診断された時点で始まる緩和ケア体制

の4つのサポート体制で、がんに罹った人が体のことや金銭的なこと、
仕事のこと、社会的なことなどいろいろな悩みを相談できる体制つくりを
されています。


次回のブログでは、がん相談支援センターでのケアサポートについて

がん相談支援センター

ご紹介します!


放送は28(土)ごご1時半からです! 

ぜひご覧ください

ぜひ ご覧ください!! 

プロフィール


Dr.テレビたん担当
松本 龍

1978年1月26日生 (みずがめ座)
169cm/ 99kg / A型 / 既婚


AHA BLSヘルスケアプロバイダー
成人・乳児・小児の一次救命処置等
最新のG2010版を取得しました!